あなたの日常のネット投稿、実は危なすぎる

位置情報を付けたままアップすると危険!

その投稿画像は大丈夫ですか?

かわいいペット、自慢の弁当・料理、アクセサリー、部屋。これらの写真に共通する「リスク」……おわかりになりますか?

実はコレ全部 「画像の“位置情報”で自宅がバレてるんじゃない?」という写真なのです。

「たぶん家はココだよね」

この連載の記事一覧はこちら

ペットはたいてい自宅にいます。弁当料理は、出来たてのいちばん美しいタイミング、つまりキッチンで撮影してるはず。アクセサリーなら、落ち着いて撮影できる自宅で撮っている可能性が高いですよね。部屋はもちろん自宅です。

今はデジカメだってスマホだって、画像に“位置情報”(緯度・経度のデータ)を埋め込みます。このような画像に、位置情報を付けたままブログにUPしたり、それほど親しくない人にメールで送ったりすれば、当然「たぶん家はココだよね」とわかってしまうわけです。

試しに「弁当」というキーワードで画像検索してみて下さい。「どう見てもコリャ台所だね、しかも位置情報もしっかり付いてるなぁ」という画像が見つかりますよ。

ついでに「部屋から虹が」というキーワードでも画像検索してみましょう。ホテルの部屋から撮影されたっぽい、きれいな「虹の写真」に混じって「どう考えても自宅だね。しかも位置情報付き」という画像が、けっこう見つかります。

「そんな細かいこと、いちいち気にしないよ」という方はともかく「怖いなあ」と思われる方、ご心配なく。写真に位置情報が埋め込まれるのは、「シャッターを押した時に位置情報を埋め込む」という設定にしているからです。この設定を「埋め込まない」にすれば、とりあえず位置情報のうっかりミスはなくなります。

次ページ位置情報を埋め込まない設定方法
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。