脳をだます「VR技術」は怖いものなのか?

偽モノの定義が変わる!VRが作る新秩序

今年2016年は、VR元年。その先の世界とは?

遊園地、芸能界、温泉宿……まるで関連のない業界に見えますが、実はコレすべて「今のうちにVR(バーチャルリアリティ)事業に着手した方がイイんじゃない?」と私が感じている業界です。

脳みそが完全にダマされる

この連載の記事一覧はこちら

今年2016年は「VR元年」。Oculus RiftやHTC ViveといったPC用製品の出荷に始まり、秋にはプレステ4でもVR用ゴーグルが発売され、多くの人々がVRを体験できるようになります。

「VRなんて3Dテレビみたいなもんでしょ、一過性のブームだよ」なんて言う方もいますが、残念なことに、VRの素晴らしさはそれを経験した人にしか実感できません。スマホ用の簡易版もありますが、ハイスペックなVRはホントにすごいんです。

私いったい、何をしてるんでしょうか?ここは東京お台場、最高水準のVRを体験できる「VR ZONE」。実は、私のゴーグルの中にはこんな光景が広がっていたのです。

次ページゴーグルに見えていた世界とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT