脳をだます「VR技術」は怖いものなのか?

偽モノの定義が変わる!VRが作る新秩序

今年2016年は、VR元年。その先の世界とは?

遊園地、芸能界、温泉宿……まるで関連のない業界に見えますが、実はコレすべて「今のうちにVR(バーチャルリアリティ)事業に着手した方がイイんじゃない?」と私が感じている業界です。

脳みそが完全にダマされる

この連載の記事一覧はこちら

今年2016年は「VR元年」。Oculus RiftやHTC ViveといったPC用製品の出荷に始まり、秋にはプレステ4でもVR用ゴーグルが発売され、多くの人々がVRを体験できるようになります。

「VRなんて3Dテレビみたいなもんでしょ、一過性のブームだよ」なんて言う方もいますが、残念なことに、VRの素晴らしさはそれを経験した人にしか実感できません。スマホ用の簡易版もありますが、ハイスペックなVRはホントにすごいんです。

私いったい、何をしてるんでしょうか?ここは東京お台場、最高水準のVRを体験できる「VR ZONE」。実は、私のゴーグルの中にはこんな光景が広がっていたのです。

次ページゴーグルに見えていた世界とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT