脳をだます「VR技術」は怖いものなのか?

偽モノの定義が変わる!VRが作る新秩序

今年2016年は、VR元年。その先の世界とは?

遊園地、芸能界、温泉宿……まるで関連のない業界に見えますが、実はコレすべて「今のうちにVR(バーチャルリアリティ)事業に着手した方がイイんじゃない?」と私が感じている業界です。

脳みそが完全にダマされる

この連載の記事一覧はこちら

今年2016年は「VR元年」。Oculus RiftやHTC ViveといったPC用製品の出荷に始まり、秋にはプレステ4でもVR用ゴーグルが発売され、多くの人々がVRを体験できるようになります。

「VRなんて3Dテレビみたいなもんでしょ、一過性のブームだよ」なんて言う方もいますが、残念なことに、VRの素晴らしさはそれを経験した人にしか実感できません。スマホ用の簡易版もありますが、ハイスペックなVRはホントにすごいんです。

私いったい、何をしてるんでしょうか?ここは東京お台場、最高水準のVRを体験できる「VR ZONE」。実は、私のゴーグルの中にはこんな光景が広がっていたのです。

次ページゴーグルに見えていた世界とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。