脳をだます「VR技術」は怖いものなのか?

偽モノの定義が変わる!VRが作る新秩序

これから、VRとかかわる業界はさらに増え続けるでしょう。なぜなら、VRの先にあるのは、「MR(ミックスド・リアリティ)」、つまり現実の風景とVRの融合だからです。数年前、グーグル・グラス(メガネ型のスマホ)が話題になりましたが、今後アレが劇的に進化した機器、「MRゴーグル」がやってきます。

暮らしをより良いものに変えていく

マイクロソフト社や、Googleが支援するMagic Leap社などから、近いうちにMR用のゴーグルが発売されるのでは、と言われていますが、これが引き起こす出来事は、もはや奇跡に近いものです。例えば、耳の聞こえない人がMR用ゴーグルを使うと何が起きるのか?最高ですよ……

目の前でしゃべっている人間の顔の下に、リアルタイムで、映画みたいに字幕をつけることが出来ます。私、これを「ろう学校」で、耳の聞こえない高校生たちに話したことがあるんですが、これを聞いた時の彼らのハッとした顔!表情がパーッと明るくなっていました。科学とか技術って、こういう為にあるんですよね。

他にも、例えば何百キロも離れた離島の急患。現地のMRロボットを東京からゴーグルで操作して緊急手術。こんな取り組みも本気で始まっています。

さらには海外旅行に出かけた時、風景の中にある現地の文字を、母国語に書き換える。スマホアプリなら、もうありますよね。それがMRゴーグルと融合すれば、お年寄りの海外旅行だって、かなり安心でしょう。私たちはいま、その始まりを見ているのです。どうです?ワクワクしませんか?

実は今朝、「長澤まさみさんに告白されて照れる」というスーパーデリシャスな夢を見たのですが、目覚めた時、「きっと未来のVRやMRってこういう感じなんだな……」って、なんかすごく納得しました。VRっていい、なんかイイね!

VRやMRが暮らしをより良いものに変えていく、そんな道具の使い方を心がけたいですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。