ユニクロで働けば、決断力は鍛えられるか

偉大だが苛酷な会社、ファーストリテイリング

失敗することで、決断の精度は上がる

少し俯瞰的に、ビジネス全体も見てみよう。

ユニクロには、目標をまず公開宣言したら、考えすぎずに、まず決めて、動いて、次の改善につなげるという、超速の決断PDCA文化が上から下までしみ付いている。

ユニクロの歴史をひもとくと、決断して、失敗して、修正して、の繰り返しだ。個店単位のスクラップ&ビルドは数知れず、野菜事業撤退、スポーツウエアのスポクロやファミリーカジュアルのファミクロも撤退。イギリス・中国などの海外進出も、当初は失敗の連続だった。

たとえば、野菜事業はアパレル以上に生産から在庫・出荷管理が困難なため撤退。スポクロやファミクロは業態が細分化しすぎて失敗。海外進出では、中国では現地の所得に合わせて「現地版・低価格ユニクロ」にしてしまったため、当初は市場に見放された。これらの失敗が今のユニクロを作っている。メイン分野でしっかり腰を据え、海外でも日本品質・価格をベースとするなど、過去の失敗を、次の事業展開の決断に生かしているのは間違いない。

それでもユニクロがたたかれる理由

実は、世の中には、ユニクロよりも過酷な労働を強いられる企業も多い。ちなみに筆者も長く在籍した戦略コンサル業界は、環境的には最悪の部類だろうか。ものすごいスピードで考えることを求められ続け、徹夜どころか「2徹」もザラだ。「Up or OUT」で昇進できない人は辞めるのは当然。付加価値が低いと判断されればクビである。5年もすれば、7~8割は入れ替わっている。この回転率は、ユニクロ以上だ。

次ページそれでもユニクロから学べることは多い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。