ユニクロで働けば、決断力は鍛えられるか

偉大だが苛酷な会社、ファーストリテイリング

誰しも100%正しい決断をすることはできない。まず決めて動く、動いたら誰よりも早く修正する。成功するという保証はないが、うまくいけば御の字。うまくいかなくても、失敗から学んで、再度決断をして修正する。ユニクロが実践している「決断力と修正力の考え」自体は、もっと評価されてもよいはずだ。

「起業してうまくいかないことも多いけれど、まずやってみて、うまくいかなくてもそこから何とかする。ユニクロで学んだことは、今も生きていますよ」と、夏樹の彼も笑う。

「筋トレのしすぎ」は、逆に身体を壊しかねない

もっとも、心身ともに過剰すぎるプレッシャーが続いたり、会社に泊まり込みで週に1度しか帰れない生活(これはユニクロではなく、筆者経験談)をずっと続けることはできない。比較的若手のうちに思い切って「決断筋トレの環境に飛び込む」ことは、成長につながるという点では良いかもしれない。だが、環境が過酷すぎてそこについてくる人がいないような会社は、ただの自己満足といわれても仕方がない。

ユニクロの新卒採用ページには、「WORK IS LIFE」とある。「仕事とは、自分がどう生きるか」。「積極的に生き、理想をもって、こうありたい、こうあるべきだと求め続けてほしい」などという、メッセージが掲げられている。
しかし、こうありたいという姿を実現するには、心身ともに健康であることが前提だ。社員は、「生身」の人間だ。在庫処分ができる服とは違う。世界で躍進する企業として、成長・収益とのバランスを取りつつ、従業員満足度を高めるという決断や努力を、ユニクロはどこまで本気でできるだろうか。結果を見ながら、修正し続けられるだろうか。

片や、読者にとっては、どういう働き方が理想だろう?小さな決断をするきっかけとして、ぜひ考えていただきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。