ユニクロで働けば、決断力は鍛えられるか

偉大だが苛酷な会社、ファーストリテイリング

店長になると、なおさらだ。ユニクロでは、店長のすべてが店に表われるという方針の下、「店が主役、店長が主役」という言葉を掲げる。聞こえはいい一方で、数字、人材管理、顧客からのクレーム……よくも悪くも、ほとんどすべてが店長の責任になる。

一方で、商品や価格は本部の指示に従うなど、多くの制約条件もある中で、自分自身で考えて動くことが求められる。しかしこれまでは、入社半年程度ですぐに店長になることを求められ、心身ともにキャパを超えてしまうケースも少なくなかったという。

「このスピード感、ガツガツ感についていけなくなってしまうときに、辞めていくのだと思います」と、夏樹は語る。

ユニクロは、「決断筋トレーニングマシーン」?

ただし、このスピード感には、もちろんメリットも大きい。現場レベルでは、たとえば、商品の陳列を自分で考え、修正すると、すぐに顧客の反応があるので、とてもやりがいがあるという声も多い。「入口前のマネキンのシャツの色を緑からピンクに変えるだけで、買う年齢層が変わったりするんです」と、日々の気づきをうれしそうに語る。

店舗スタッフのほとんどを占めるアルバイト・パートの方々への接し方も自ら考え、自ら動く。「最初は家から近いという理由で応募してきただけで、寝過ごして遅刻も多かったアルバイトスタッフが、自分がかかわったことで、自発的に動くようになる。そうした他人の成長にかかわれるのはうれしい」と、ほかのユニクロ社員も語るのだ。

つねにチャレンジが求められる中で、自ら考え、決めて、行動するため、自分の成長も早い。決断力とは「日常的に決断をする中で高まっていく」ため、ユニクロで働くとは、一種の「決断筋トレーニングマシーン」の中にいるようなものだ。結果として、一般企業では考えられないような「超速スピード」で、海外や新事業の責任者が誕生しているのも納得できる。

次ページ失敗から学ぶユニクロ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。