“ユニクロの妹分”ジーユー、世界へ

ブランドロゴ一新、売上高1000億円も射程に

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが、国内事業の第2の柱として、育成に力を入れる低価格業態「ジーユー」の勢いが増している。

国内でユニクロが伸び悩む中、“ユニクロの妹分”という位置づけのジーユーは低価格とファッション性の高い商品がヒットを生み、今年度(2013年8月期)は、前期比4割増近くを狙う意欲的な計画である売上高800億円の達成に向けて順調な進捗。続く来年度(14年8月期)の目標とする売上高1000億円という大台の突破も射程に入りつつある。

この勢いはさらに加速する可能性も秘めている。何しろファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、「ジーユー単体で売上高1兆円の事業にしたい」と公言しているぐらいだ(12年10月の決算説明会)。そのために、かねてから温めていた海外進出計画が現実味を帯びてきた。

13年内にアジア進出か

「早ければ年内に海外で出店したい」。

3月5日、東京都内で13年の春夏シーズン事業戦略説明会に臨んだジーユーの柚木治社長は、これまで14年をメドとしていた海外への初出店を1年前倒しする可能性について言及した。具体的な進出地については「まだ言えないが、アジアの可能性が高い」(柚木社長)。

次ページ海外進出の布石とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT