“ユニクロの妹分”ジーユー、世界へ

ブランドロゴ一新、売上高1000億円も射程に

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが、国内事業の第2の柱として、育成に力を入れる低価格業態「ジーユー」の勢いが増している。

国内でユニクロが伸び悩む中、“ユニクロの妹分”という位置づけのジーユーは低価格とファッション性の高い商品がヒットを生み、今年度(2013年8月期)は、前期比4割増近くを狙う意欲的な計画である売上高800億円の達成に向けて順調な進捗。続く来年度(14年8月期)の目標とする売上高1000億円という大台の突破も射程に入りつつある。

この勢いはさらに加速する可能性も秘めている。何しろファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、「ジーユー単体で売上高1兆円の事業にしたい」と公言しているぐらいだ(12年10月の決算説明会)。そのために、かねてから温めていた海外進出計画が現実味を帯びてきた。

13年内にアジア進出か

「早ければ年内に海外で出店したい」。

3月5日、東京都内で13年の春夏シーズン事業戦略説明会に臨んだジーユーの柚木治社長は、これまで14年をメドとしていた海外への初出店を1年前倒しする可能性について言及した。具体的な進出地については「まだ言えないが、アジアの可能性が高い」(柚木社長)。

次ページ海外進出の布石とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT