“ユニクロの妹分”ジーユー、世界へ

ブランドロゴ一新、売上高1000億円も射程に

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが、国内事業の第2の柱として、育成に力を入れる低価格業態「ジーユー」の勢いが増している。

国内でユニクロが伸び悩む中、“ユニクロの妹分”という位置づけのジーユーは低価格とファッション性の高い商品がヒットを生み、今年度(2013年8月期)は、前期比4割増近くを狙う意欲的な計画である売上高800億円の達成に向けて順調な進捗。続く来年度(14年8月期)の目標とする売上高1000億円という大台の突破も射程に入りつつある。

この勢いはさらに加速する可能性も秘めている。何しろファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、「ジーユー単体で売上高1兆円の事業にしたい」と公言しているぐらいだ(12年10月の決算説明会)。そのために、かねてから温めていた海外進出計画が現実味を帯びてきた。

13年内にアジア進出か

「早ければ年内に海外で出店したい」。

3月5日、東京都内で13年の春夏シーズン事業戦略説明会に臨んだジーユーの柚木治社長は、これまで14年をメドとしていた海外への初出店を1年前倒しする可能性について言及した。具体的な進出地については「まだ言えないが、アジアの可能性が高い」(柚木社長)。

次ページ海外進出の布石とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。