ユニクロ、新作ボトムスが担う重責

13年春夏商品の第1弾

厳しい寒さに対応した「ヒートテック」「ウルトラライトダウン」など機能性防寒着のヒットで、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の国内事業が堅調だ。ファーストリテイリングによれば今年度(2013年8月期)の既存店売上高は、13年1月までの5カ月間累計で前年同期比3.2%増。秋冬商戦は上々の仕上がりとなりそうだ。

一方、これから迎える13年春夏商戦もこの流れが続くかというと未知数である。ユニクロには昨シーズン、冬商戦で売り上げを伸ばしながらも春夏商戦で勢いを失ってしまった経験があるからだ。

昨年の春夏商戦は失速

昨年の春夏商戦では、吸湿・冷感インナー「サラファイン」と「シルキードライ」を世界ブランドとして「エアリズム」に統一。夏の重ね着提案などを行ったが、カットソーやシャツなどの投入を絞り込んだことにより春物を売り逃した機会ロスや、天候不順による夏物の立ち上がり後れなどが痛手となり、結局、通期でみると既存店は前年比0.5%減にとどまってしまった。

今シーズンも同じ轍を踏むワケにはいかない。その使命を背負って投入する13年春夏商品の第1弾が、2月下旬から大々的なキャンペーンとともに全国で発売される、高い伸縮性と細身のシルエットを特長とするボトムスだ。

今回の新作ボトムスは、2010年秋にレディスで発売し定番化した「レギンスパンツ」(1990円)、同商品を初めてメンズ向けに展開した「メンズレギンスジーンズ」(1990円)、12年秋冬発売で「ウルトラストレッチジーンズ」(3990円)の3種類。2月25日に開かれた発表会では、“Life Wear”というコンセプトが示された。

次ページ新作ボトムスの実力は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT