ユニクロ、新作ボトムスが担う重責

13年春夏商品の第1弾

「いまはボディの時代。ヨガやエステなど体に投資をする人が多く、服はその上に着るもの」(滝沢直己デザインディレクター)。脚のラインがはっきり現れるボトムスを男女問わず訴求。2年前に新機軸商品として発売し、定番商品になるまで成長させた女性向けの「レギンスパンツ」を男性向けに初めて投入することになる。

色柄の拡充が最大のポイント

最大のポイントは色柄の拡充だ。「レギンスパンツ」は前年の29色を今シーズンは42色までに拡充、新発売の「メンズレギンスジーンズ」は17種類の色柄を取り揃える。「ウルトラストレッチジーンズ」もこれまでのインディゴカラーが軸の3色から、ピンクやライトグリーンなど今春トレンドのネオンカラーを加えた12色に拡充。機能性や素材、シルエットの変化を訴求するのではなく、豊富な色柄と成功商品のメンズラインへの展開で勝負をしていく。

色柄の拡充は、この秋冬商戦の「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」でも行った。特定の色柄に人気が偏り欠品するリスクはあるが、総じて成功している。すでに年明けから展開している「春物(レギンスパンツなど)の販売は好調」(猿谷哲也R&D部長)、「ウルトラストレッチジーンズ」もネット販売や一部店舗で在庫切れを起こすなど、順調な動きを見せている。男性向けの提案が成功すれば、ボトムス自体は堅調な動きとなりそうだ。

ユニクロは新作ボトムスに続けて、この春夏商戦には機能性インナー「エアリズム」など第2弾、第3弾の新商品を投入するとみられる。また、秋冬商戦で成功した平日にセールを展開する戦略も当面は続けていく方針だ。

春夏に減速してしまった前年の轍を踏まずに、主軸となる新しい戦略商品を軌道に乗せられるか。今回発表した新作ボトムスの売れ行きは、13年業績を占う試金石となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。