ユニクロで働けば、決断力は鍛えられるか

偉大だが苛酷な会社、ファーストリテイリング

それなのに、なぜユニクロは、たたかれるのか。

もちろん、厳しい環境に本当に合意したうえで入社しているかどうかという、「ミスマッチ」は小さくない。新卒採用のとき、実態以上に「お化粧」をした結果、誤解をしたまま入社してしまう学生は少なくなかった(実際、今のユニクロ新卒ページの質問のいちばん上には『入社前後のギャップは?』が挙がっている)。

さらに、ナマナマしい話をすれば、労働対価、要は給料だ。たとえば、ユニクロで心身ともにハードな環境で働く自分の給料が、他社で比較的ゆったりと働いている他の大企業の友人と、それほど差があるわけでもないケースが少なくなく、徐々に疑問が湧いてくるという。

加えて、権限の問題もある。「名ばかり管理職」という言葉があるが、本部の指示と現場の板挟みになるものの、自分に必ずしも決定権がない。
「みんな服が好きだったり、ユニクロの思いに共感して入社してきます。でも上からの効率・スピードの指示と、お客様満足との間に挟まれて疲れてしまう人も少なくない」

世界一を目指し、ここまで大きな会社になったがゆえに、そうした不満が大きくなると、世間をにぎわすには十分なボリュームになってしまう。

ユニクロから学ぶべき決断力とは

さて、冒頭に登場した夏樹は、今もユニクロで働いている。一方、夏樹の彼は元ユニクロの同僚だが、「決めて、行動して、改善して」を繰り返すうちに、思い切って退社。今は起業している。

「ユニクロ卒業生は、営業職などに就く人が多く、起業する人はそんなに多くないかもしれない。でも、スピードが早い会社の中で、自分で考えて決めて動くという経験は貴重な財産になる。あとで、どんな仕事に転職しても役立つんじゃないかな」と語る。

次ページ苛酷すぎては、元も子もない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。