「強烈なこだわり」こそが、この世界を変える

経営学者・石倉洋子が見たNIKE創業者の実像

ナイキジャパンのアドバイザリーボードのメンバーも務めた経営学者・石倉洋子氏は、フィル・ナイトをどう評価しているのか(撮影:谷川真紀子)
一代で世界的ブランド「ナイキ」を立ち上げた起業家・経営者としての「熱狂人生」を自伝『シュードッグ』にまとめたフィル・ナイトは、経営学者の目にはどのように映っているのか。
かつてナイキジャパンのアドバイザリーボードのメンバーを務め、自身もランナーである一橋大学名誉教授の石倉洋子氏に話を聞いた。
(聞き手:大内ゆみ・ライター)

【2月2日16時15分追記】初出時のタイトルは、"「思い込みの激しい人」こそ世界を変えられる"でしたが、内容とのかい離があったため修正しました(編集部)

リーダーとしてのフィル・ナイト

――石倉先生は、フィル・ナイトに会ったことがあるとか?

17万部のベストセラーとなったフィル・ナイトの自伝『SHOE DOG』特設サイトはこちら

1990年代の半ばころですね。秋元征紘さんがナイキジャパンの社長を務められていたときに、大前研一さんの紹介もあって、同社のアドバイザリーボードに入っていました。昨年亡くなったニフコ創業者の小笠原敏晶さんや、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊さんなど、そうそうたるメンバーが参加されていました。

フィルとは、秋元さんたちと一緒に一度食事をしたことがあります。印象としては、わりと普通の人だな、というもの。オーラがすごいとか、そういうことはなかったですね。

『シュードッグ』を読むと、彼は、自分のやりたいことがはっきりしていて、それだけでメンバーがついていくようなリーダーですね。社員選びにも、上場の際の葛藤にもそれがよく出ている。一緒に働く人は自分の基準で選ぶし、経営者としても、他人からのコントロールは受けたくない。自分でやる、という意識が強い。最近は、人の話を良く聞くとか、部下に尽くすといったリーダーがよいリーダーとされているのですが、そういう意味でのよいリーダーではない。

――戦略的なリーダーというわけでもない?

戦略というのは、市場を分析して、対策を練って……ということですか。そういうリーダーではないですね。むしろ、実現したいことが先にあって、そのために生じた課題にその場その場で対処していくというリーダーです。

次ページ経営学者が考える「ナイキ成功の要因」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。