ナイキの有名コピー「JUST DO IT.」の真実

元ナイキジャパン社長が語る創業者の信念

元ナイキジャパン社長は、フィル・ナイトにどのようなことを言われたのか(撮影:今井 康一)
10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高の書」と高い評価を得ているナイキ創業者フィル・ナイトの自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。
10月26日(木)には本書の刊行記念イベント「フィル・ナイト・NIGHT」が日本橋浜町「Hama House」で行われ、1993年から2年間、ナイキジャパンの社長を務め、フィル・ナイトと直接議論を戦わせてきた秋元征紘氏が登壇した。秋元氏が語ったフィル・ナイトの人物像をご紹介する。
聞き手:佐藤 朋保(東洋経済新報社 翻訳委員長)

「日本人がするように、靴を脱いでくれないか!」

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

――フィル・ナイトさんとの最初の出会いを教えてください。

始まりは、ヘッドハンターからの連絡でした。1992年ころ、あるヘッドハンターが会いにきて「秋元さん、以前、ナイキの社長ならやるとおっしゃっていましたよね。来週、ポートランドに行けますか?」と聞いてきた。

そのオファーを受けた後、当時の上司を含め周囲とも相談して、ポートランド郊外のビーバートンのナイキ本社までフィル・ナイトに会いに行きました。ナイキの本社であるナイキ・ワールド・キャンパスは、『シュードッグ』にも書かれているように、すごくかっこいい。

四角い人造湖の周りに美しい近代的な建物が立ち並び、サッカー場、巨大な体育館も併設されている。広大な敷地をめぐるジョギングコースもある。社員は上から下まで全身ナイキを身につけ、好きなときにスポーツをして汗を流している。汗だくのまま、リンゴをかじりながら会議にも来る。もう会社というイメージではなかったですね。

次ページフィル・ナイトの「最初の一言」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。