ナイキの有名コピー「JUST DO IT.」の真実

元ナイキジャパン社長が語る創業者の信念

これこそ「JUST DO IT.」だと思いました。誰もが知っている、ナイキを体現するいちばん有名なコピー。私が知るかぎり、これこそがナイキ、つまりはフィルがいちばん大切にしていた言葉だと思っているんです。

――どういうことか、詳しく聞かせてください。

私がペプシ・コーラで働いていた頃、ペプシではマイケル・ジャクソンを起用した「Choice of New Generation(新しい世代の選択)」という広告キャンペーンをして、コカ・コーラを猛追していました。「Choice of New Generation」という言葉だけでは日本人には伝わりにくいので、私はこのコピーに細川護煕政権登場の世相を意識して、「時代は変わる」というサブコピーを付けて、日本のTVコマーシャルで紹介しました。

「JUST DO IT.」の本当の意味とは

このときの成功体験から、ナイキジャパンの社長になったとき、JUST DO IT.にも、何か日本語コピーを併用しようと考えていたんです。当時、私には、本社から来たアメリカ人の部下が5人いて、その中のマーケティングディレクターにそのことを話しました。すると、彼女はすごく険しい顔をしてこう言ったんです。「フィルは絶対にOKとは言わないわ!」。

私は、「日本の消費者はJUST DO IT.に日本語のコピーをつけないと、その意味を理解してくれない」と反論しました。それでも、彼女は「絶対ダメ」と言うばかり。そして間もなく、フィルから「ポートランドの本社まですぐ来てほしい」と連絡がありました。理由を教えてもらえなかったのですが、ともかくフィルの下に駆けつけました。

そしてフィルに会うと、強い口調でこう言われました。「JUST DO IT. DO NOT translate(絶対に翻訳するな)」。「あいつ、フィルにちくったな」とマーケティング担当の女性のことを思い浮かべつつ、「それなら、電話でそう言ってくれればいいじゃないですか」と言ったんです。すると、フィルは「電話じゃわからないから来てもらったんだ。これは大事なことだから」と。

慌てて駆けつけたのに理由もわからずダメだと言われて、「はいそうですか」と帰るわけにいかない。むっとしながら、フィルに「説明してほしい」と言いました。そうしたら「君たち日本人は孔子の教えを掛け軸にして壁にかけたりしているだろ。翻訳なんかせずに。なぜ中国語は訳さないのに、英語は訳すんだ?」とフィル。

それを聞いて、「ああ、そうですね」と返事をしたものの、やはりどうも納得がいかない。そこで続けて、フィルにこう聞いたんです。「JUST DO IT.という言葉の意味はわかる。でも、ナイキにとって、あるいはあなた自身にとってこの言葉はどういう意味を持つのか」と。

そのときのフィルの答えはこうでした。「いかなるアスリートにとっても、最初の一歩を踏み出すことは決してやさしいことじゃない。実際に行動に移る、その小さな勇気こそJUST DO IT.なんだ。その勇気を持つ人々を、そしてそうなりたいと思う人々を、応援しサポートしていくのがわれわれの仕事なんだ」。

この言葉を聞いて、すごく感動しました。「JUST DO IT.」は単なるコピーではなく、ナイキの哲学を体現するものだと知り、これはたしかに翻訳はできないと納得しました。

『シュードッグ』は、フィルがランニングをする準備をして、つらい一歩を踏み出し、駆け出すところから始まりますね。あれは、まさに当時フィルが言っていたせりふそのもので、読み始めから興奮しました。

(構成:大内 ゆみ)

<後編に続く>

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT