意外と知らない「ナイキと日本人」の深い関係

世界的スポーツブランドはいかに生まれたか

世界ブランド「ナイキ」を創った男の熱狂人生とは(写真:AP/アフロ)
刊行以来全米で話題となり、翻訳が待望されていたナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』日本語版が、10月27日、ついに発売される。そこに描かれているのは、知られざる日本とナイキとの深い関係と、熱狂して人生を生きることのすばらしさだ。
本書をいち早く読み終えた塩野誠氏に、その感想とインパクトを寄稿してもらった。

 

「ずっと考えていた。日本に行き、靴会社を見つけて、私のばかげたアイデアを売り込もうと」

1962年、米国オレゴン州にそう思案する一人の若者がいた。あなたもきっと知っているブランド、ナイキの創業者フィル・ナイトである。本書『シュードッグ』は、世界的なスポーツウエアメーカーであり、著名ブランドとして名高いナイキの創業者本人による、創業から上場に至るまでの壮大な物語である。

ナイキブランドはいかに生まれたのか?

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

大学を卒業して実家に戻ったナイトは、オレゴンを出て世界を旅してみたい、日本に行ってみたいと父親に願い出る。それを聞いたナイトの祖母は「ほんの数年前まで日本人は私たちを殺そうとしていたのよ。覚えていないの? 真珠湾攻撃を」と声を張り上げる。若きナイトはペーパーバックの『ライ麦畑でつかまえて』と『裸のランチ』をリュックに詰め込み、日本を目指す。

言うまでもなくナイキは日本人にもなじみの深いスポーツブランドだ。そのロゴマークである「スウッシュ」はプロからアマチュアまで、あらゆるアスリートたちのウエアやシューズを飾っている。もちろん本書では、ナイキというブランド名やロゴマーク誕生秘話も明らかとなる。「スウッシュ」を考案したデザイナー、キャロライン・デビッドソンにいくらの謝礼が支払われたかも、である。

次ページ授業をきっかけに日本の技術力、生産力に注目する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。