ABCマート、「13期連続増収増益」の秘訣は?

全社員が週に最低1回、「宝探し」で奮闘する

売れ筋の商品に絞って徹底的に売り込む。それがエービーシー・マートの強みだ(撮影:今井康一)
靴小売専門店の国内最大手であるエービーシー・マート。国内の店舗数は912店舗(2016年12月末時点)。海外でも韓国を中心に台湾、米国にも店舗を展開しておりグループ合計の店舗数は1100店舗以上に達する。
個人消費が伸び悩み、業界でも店舗が過剰状態にあるといわれる中、エービーシー・マートの業績は14期連続の増収増益に向けて快走を続けている。好調の要因は何か。今後の戦略を含め野口実社長に聞いた。

 

――消費が鈍る中、消費者はどんな商品を求めているのか。

単純な低価格ではなく、相対的な割安感を消費者は求めている。靴についても品質やデザインだけではなく、履き心地や防水性など、高い機能を持った商品がリーズナブルかどうかが重要だ。

また、われわれが売っているのはシューズのブランドでもある。ブランドとは商品のクオリティを保証するものであって、消費者に安心感や信用を担保している。その価値に対してリーズナブルな価格で商品を提供することができると、お客に選ばれる。

輸入商社だった頃のノウハウを活用

現場のニーズから売れ筋商品を見極める。地道に続けてきた努力が連続増収増益につながっている(撮影:梅谷秀司)

――ここ数年、業績を牽引してきたスニーカーのブームが失速したといわれている。

ブームから生活の一部になり、次のステージに突入したと思う。これまでパンプスを履いていた女性たちにとってスニーカーがあまりにも履きやすかったため、定着したことが過去のブームとの違いだ。

IT企業を中心に、ビジネスの場でもスニーカーの着用は進んでいるし、高齢者にも浸透するなど裾野の広がりを実感している。

――商品の仕入れ面でどのような工夫をしているのか。

店舗で展開する商品は、PB(自社企画商品)と他社から仕入れる商品に分かれている。他社から仕入れる場合、海外の有名メーカーと早期に契約を交わし、限定商品を企画している。

また、輸入商社だった頃のノウハウを生かし、自社調達による中間コストの削減や、生産効率化によるリーズナブルな商品開発を意識している。

次ページ出店戦略はより緻密なものに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT