意外と知らない「ナイキと日本人」の深い関係

世界的スポーツブランドはいかに生まれたか

そこに描かれている日本人の姿は、現代の私たちにとって驚くべきものではないだろうか。本書では、ナイトが設立した会社ブルーリボンに買収を仕掛けるのも、訴訟をふっかけるのも実は日本人である。さらに、「みんな数字ばかりに気を取られすぎる」と看破し、財務諸表ではなく起業家を見て投資を行うのも日本人だった。

本書を手に取られた方には、1960年代、1970年代の日本人がどんなにハングリーであったかを感じていただきたい。本書のレイアウトは、全ページに西暦の記載があるところもユニークである。そして、現在のナイキ社製の靴がなぜ日本製でないのかも、この産業史の中に答えが見つかるだろう。

ナイキ創業者からのメッセージ

物語後半では「起業大国アメリカ」を想像する読者に、ナイトは「アメリカは起業のユートピアではない」とし、「出る杭をたたきたがる」と吐露する。そして富と名声を手に入れたナイトは、自らが得たものと失った大きなものについて率直に語る。はたしてナイトの父は彼を認めることになったのか? その理由とは?

ナイトが描く家族の情景にシンパシーを感じる起業家も多いのではないか。また、家族との関係に心を悩ますビジネスパーソンの方々には胸に迫るものがあるだろう。ナイトがある映画館で映画を見終わったときに、ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットに偶然出会うシーンがある。地球を代表する億万長者3人が何の映画を見たのか。ぜひ、本書で確認してほしい。

本書は田舎町の陸上トラックを走っていた青年による起業と家族、ビジネスと人生の物語である。そして、「かつては」ベンチャーキャピタルであり、イノベーターであった日本企業の物語である。成功者となったナイトに米国の大学生たちが尋ねる。「アメリカはどこに向かっているのでしょうか? 社会は、子どもたちの未来にとって悪い方向に向かっているのでしょうか?」と。

ナイトは答える。(そう聞かれたときに)「私が話すのは、1962年に見た荒廃した日本だ。がれきや廃墟から(あのような)賢い人間が生まれたのだ」と。本書を世界でいちばん読むべきなのは、ナイキのシューズを履いて2017年の今を生きる私たち日本人なのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT