ビームス社長「NIKEを売るのは大冒険だった」

「日本にナイキを紹介した男」を知ってますか

ビームス社長が「ナイキ」との思い出を語る(撮影:今井 康一)
10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高のビジネス書」との呼び声が上がっているナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。
まだ誰も知らなかったナイキに注目し、1977年からナイキ製品を取り扱い始めたビームスの社長の設楽洋氏に、ナイキとの出会いとその魅力、本書の感想を語ってもらった。

最初は売れなかったナイキ

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

――ビームスでは、いつごろからナイキを取り扱っていたのですか?

そもそもビームスは1976年、「アメリカンライフショップ ビームス」という屋号でオープンしました。アメリカの若者のライフスタイルを日本人に提供する、というコンセプトがあったからです。

7畳ほどの小さなスペースに、UCLAの学生寮の部屋を再現しようとしました。パイン材のテーブル、スケートボード、Tシャツやジーンズ、そしてスニーカーなどを置いたんです。そこでナイキも販売しました。初めてナイキを置いたのは、オープンの翌年の1977年です。

ところが、ナイキはすぐには売れませんでした。当時の日本ではスニーカーといえばコンバースやケッズが有名でしたが、それさえもなかなか手に入らない。そんな中で、新興のナイキを知る人がい少なかったのは当然でしょう。まれに新しいもの好きやスニーカーマニアのお客様が珍しいからと買っていく。後に爆発的人気を博したエアでさえ、最初は売れなかったですから。

次ページ知名度の低いナイキに注目した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT