ビームス社長「NIKEを売るのは大冒険だった」

「日本にナイキを紹介した男」を知ってますか

ビームス社長が「ナイキ」との思い出を語る(撮影:今井 康一)
10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高のビジネス書」との呼び声が上がっているナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。
まだ誰も知らなかったナイキに注目し、1977年からナイキ製品を取り扱い始めたビームスの社長の設楽洋氏に、ナイキとの出会いとその魅力、本書の感想を語ってもらった。

最初は売れなかったナイキ

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

――ビームスでは、いつごろからナイキを取り扱っていたのですか?

そもそもビームスは1976年、「アメリカンライフショップ ビームス」という屋号でオープンしました。アメリカの若者のライフスタイルを日本人に提供する、というコンセプトがあったからです。

7畳ほどの小さなスペースに、UCLAの学生寮の部屋を再現しようとしました。パイン材のテーブル、スケートボード、Tシャツやジーンズ、そしてスニーカーなどを置いたんです。そこでナイキも販売しました。初めてナイキを置いたのは、オープンの翌年の1977年です。

ところが、ナイキはすぐには売れませんでした。当時の日本ではスニーカーといえばコンバースやケッズが有名でしたが、それさえもなかなか手に入らない。そんな中で、新興のナイキを知る人がい少なかったのは当然でしょう。まれに新しいもの好きやスニーカーマニアのお客様が珍しいからと買っていく。後に爆発的人気を博したエアでさえ、最初は売れなかったですから。

次ページ知名度の低いナイキに注目した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング