「強烈なこだわり」こそが、この世界を変える

経営学者・石倉洋子が見たNIKE創業者の実像

そもそも、今の時代は、戦略とかフレームワークといったものがいっさい通用しない時代になってきている。もちろん、基礎的な知識は重要なんだけれど、それだけにこだわっていると、たいしたことはできません。

そうした基礎を知ったうえで、クリエイティブに考えなくてはいけない。正解がない世界で針路を決めるためには、やはり自分のこだわりやパッションが必要になってくるのです。

パッションの持ち方に正解はない

――ナイキがここまで成功した理由はなんでしょうか?

こだわりだけで突き進むと、だいたいの場合は失敗するのですが、フィル・ナイトの場合は、賭けとハッタリもあり、堅実な面もあり、思いがけず救いの手にも助けられたりして、幸運も持ち合わせていたのでしょう。ナイキの創業と成功は、フィル・ナイトでなければなしえなかったことだと思います。

彼は起業の前に世界を旅して回っています。世界というのはこういうものだと、体感としてわかっていた。それに靴とアスリートへのこだわりが加わって、グローバルな企業に育ったと思います。生産工場を世界に広げていくときの苦労や、搾取労働の問題があってバッシングされたりもしたけれど、それぞれの場面で、ラッキーな正しい決断をして今に至るのではないでしょうか。

起業と言えば、普通は株を公開して金持ちになりたいとか、世界の情報を整理して世界のあらゆる人に提供したいとか、特にテクノロジー系の人はそういうビジネスとしての話をしがち。でもフィル・ナイトはそうではない。「私のこだわりは靴。靴を作りたいんです」という強烈なこだわりと意志を感じました。

――何かにこだわるというのは、成功への要素の1つでしょうか?

それはあると思います。企業は人が集まった組織なので、パッション(情熱)があるかどうかは重要です。『シュードッグ』にも、「みんなが走れば世界は良くなる」という熱い記述がありました。当時、そういうことを言う人はまだいなかった。フィル・ナイトは、パッションの塊のような人。よく知られたところでは、スティーブ・ジョブズのような先見性と情熱を感じます。

私はパッションこそ人生だと思うのですが、講演などでそう話すと、やりたいことが見つからないとか、どうすればパッションを持てますか、と聞かれます。どうも、「正しいパッションの持ち方」という正解があるとみなさん思っているらしい。でも、そんなことはない。自分が好きなものなら対象は何でもいい。パッションは誰でも持っている。パッションの対象を見つけるには、とにかく試してみることです。

著名な建築家の安藤忠雄さんも、すごくこだわりの強い人です。

次ページ安藤忠雄氏が言ったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT