「強烈なこだわり」こそが、この世界を変える

経営学者・石倉洋子が見たNIKE創業者の実像

彼も、「若い人たちは、やる気になればもっとなんでもできる、やりたいことがあれば生きられる、パッションは励みになる」ということをおっしゃっていました。やりたいことが見つかって、それができるというのは、すばらしいことです。

「死んでもやれ」はアドバイスにならない

ですが、いまは、何があろうとも自分がやりたいことにこだわるという人は少数で、まあいいや、と妥協する人が多いと個人的には感じています。例えば商品のカテゴリーを分析して判断すれば、これはいけそう、あるいは売れなそうというのは、簡単に結論を下すことができる。

でも一見売れなそうに見えるものでも、こだわってよくしていけば何とかなることもある。靴という商品だって、すごくこだわって、最高にすばらしいものをつくろうと思えば、NIKEのような企業の誕生にまで至るんです。

『シュードッグ』の最後の章で、プロバスケット選手のレブロン・ジェームズがフィル・ナイトに時計を贈ったという話が出てきます。「チャンスをくれた感謝を込めて」という文字を彫った時計です。

アスリートは、タレントと同じで、チャンスを与えられなければなかなか這い上がれない。マイケル・ジョーダンとか、ジョン・マッケンローとか、タイガー・ウッズもそうですが、フィル・ナイトのこだわりで早くから広告塔として採用したり、支援したりしていますよね。そういうこだわりがもたらすチャンスというのも、あると思います。

一方で同書には、「時には断念することも必要だ」とも書いてある。これも印象的な言葉だと思います。以前、堀場製作所創業者の堀場雅夫さんも、「どうがんばってもできないことがある」とおっしゃっていました。成功者のなかには「死んでもやれ」というアドバイスを他人にする人もいるのですが、そうではなく、だめなときもあると。創業者が言う言葉として、意味があると思いました。

――こだわり以外で、ビジネスを成功に導く要素はなんでしょうか?

そもそも、「こうすれば成功する」といった法則のようなものが本当にこの世に存在するのか、私は疑問に思っています。私が参加するいろいろな会合でよく言われるのは、今の時代においては、ストーリーが重要だということ。ストーリーをどう語るかで世界が動く。たとえ客観的に正しいことでも、それだけでは世界は動かないということです。

これは私もそうだと思っていて、私が講演でよく話すのは、今はキャリアも、ライフスタイルも、すべて自分でデザインしてストーリーを語る時代になったということ。逆に言えば、自分のストーリーを他人に書かせないのが重要だということ。

次ページ「私は今、フリーターと名乗っています」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT