「人口32人」の集落に移住したドイツ人の気概

色鮮やかな古民家が消滅寸前の集落を救った

和と洋が融合した古民家内部でくつろぐベンクス夫妻(写真:studio HATOYA)

もう、村を閉じるしかないのか――。1959年には39世帯237人が暮らしていたが、1990年代入り9世帯まで減少した新潟県十日町市竹所(たけどころ)集落。一時は、消滅が危惧された豪雪地帯の集落が、1人のドイツ人建設デザイナーの手によって息を吹き返しつつある。

ベルリン生まれのカール・ベンクス氏(75)が、消滅の危機にあるギリギリのタイミングで竹所に移住したのは1994年のこと。以来、同氏が村で手掛けたピンクやイエローの再生古民家は、里山に色鮮やかな景観をもたらしているだけでなく、この村に移住者を呼び込む役割も果たしている。

18年ぶりとなる赤ちゃんも誕生

元旅館を再生した「カールベンクス・ハウス」(筆者撮影)

現在、竹所には15世帯32名が暮らす。決して多いとは言えないが、自然豊かな場所で子育てを希望する移住者も増え、数年前には、村では18年ぶりとなる赤ちゃんも誕生。昨年からは、20~30代の若者が移住し、地元レストランや旅館で働き始めた。今では、移住者がもともとの住民の数を上回っている。

ベンクス氏の事務所がある「まつだいカールベンクス・ハウス」は、歴史ある旅館「松栄館」を再生させたもので、赤褐色のべんがら色の壁と黒茶色の太い柱、梁とのコントラストが美しい建物だ。1階はレストランになっており、一般の観光客も入ることができる。

カフェとしても使われている「イエローハウス」(撮影:大出恭子)

ここを拠点に車で10分ほど山道を登ると、木々の間にピンク、イエロー、グリーンなどカラフルな外観の再生古民家が見えてくる。現在、竹所にある12軒の家屋のうち8軒はベンクス氏が手掛けたもの。昔ながらの日本の山里でありながら、どこか欧州の田舎を思わせる風景は竹所独特の景観だ。

確かに風光明媚ではあるが、竹所は12月から4月まで深い雪に覆われる日本の有数の豪雪地帯。その積雪量は2メートルにも上る。ベルリン出身とはいえ、ベンクス氏は雪国の生活に不便を感じないのだろうか。そう尋ねると、「竹所は四季の変化が濃い、世界一美しい村。都会の暮らしのほうが満員電車や狭い住宅で不便でしょう?」と返された。

次ページ生粋のドイツ人が日本の田舎に魅せられたワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。