東京随一の「名物商店街」を襲う変化の荒波

タワマン街化を選んだ武蔵小山の未来

全長800メートル、約250店が並ぶ武蔵小山商店街(筆者撮影)

全長800メートルで長さが東京一の商店街。昭和元年創業の焼き鳥店や巨大パフェを出す喫茶店など約250店が軒を連ねる武蔵小山の商店街を、テレビで見たことがあるという人は少なくないだろう。

東急目黒線で目黒駅から2駅、3分。武蔵小山は交通の要衝でもなければ、観光名所となる寺社、公園があるわけでもない、ごく普通の住宅街だが、この「武蔵小山商店街パルム」のおかげで一躍有名になったわけである。

が、その「商店街タウン」に異変が起きている。

その前に、武蔵小山商店街の歴史を振り返っておこう。1947年に設立された商店街は1956年にアーケード、1962年にはほかの商店街に先んじて駐車場を設置するなど、訪れやすさを考慮して整備されてきた。2006年には「がんばる商店街77選」にも選出。全国にシャッター通り商店街が増える中、観光客を呼べるにぎやかな商店街として知られてきた。

商店街の売り上げは12年で2割弱減少

だが、東京都の商業統計調査で見ると、2002年から2014年の12年間でこの地域の商店街の売り上げはなんと2割弱減っているのである。駅の乗降客数は増えており、商店街にはたくさんの人も歩いている。つまり、通る人が買い物をしなくなっているのだ。

理由は極めて単純。商店街を歩いてみるとわかるが、並ぶ店の6~7割がチェーン店なのである。地元資本の個人店は洋品店、かばん店など見た目では数えるほどになっており、飲食店にも同様のことがいえる。わざわざ、ここへ来て買うほどのモノは減っている。また、スーパーはあるものの、生鮮食料品店は極端に少なく、250店中、青果店、豆腐店、精肉店が計5軒。日常の買い物には微妙に足りない店舗構成なのである。

偏在の要因も明確で、人気が出て賃料が上がったことから、自分でモノを売るより、店舗を貸したほうが得になると判断した商店主が増えたのだ。実際、商店街沿いの賃料はここ十数年でじりじり上昇、坪単価で3万~5万円もあるというほどになっている。

次ページ武蔵小山で進む驚きの計画
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。