「ママ友トラブル」から自分を守る3つの方法

「共通項」が多ければ多いほどねたまれる

同じであることをよかれと思い、賛同して一緒のものを取り入れがちですが、共通項が増えれば増えるほど、少しの違いが許せなくなります。ですから、変えられない共通項は仕方がないとしても、そもそも違うという認識を相手に持ってもらう必要があります。よかれと思って、「うちも同じ」「わかる」などという言葉を多用されている方は、「同じ考えで同じ思い」と相手に誤解をさせやすく、さらなる共通項をつくってしまうので、気をつけましょう。

依存と攻撃は表裏一体

3.距離感が大切~かかわればかかわるほど、攻撃の対象になる

承認されるとうれしいのは自然なことです。ですから、親切にされたり、悩みを相談されたりすると、自分を認めてもらえているという感覚が湧き、相手との心の距離が縮まります。そして、相手に対して、わかり合える存在としての「依存」が生まれます。これは、人間関係構築に必要なことなのですが、日々顔を合わせていると、この感情がエスカレートし、トラブルを招くケースがあります。なぜなら、依存と攻撃は表裏一体だからです。

自分の存在を認めてくれる相手に対しての依存が高まると、相手からの見返りを、多く期待するようになります。「もっと私を見て」「もっと私に構って」という思いが強くなり、その期待に応えられないと、「あなただから話したのに」「あなたなら受け入れてくれると思ったのにひどい」と、途端に機嫌が悪くなり、悪者扱いされます。たとえば家族や恋人の関係は依存度が高く、他人には見せない攻撃的な面を見せるということでも、おわかりいただけるのではないかと思います。

優しくされたり、頼られたりしたときに、それに応えようとする気持ちは大切ですが、夫から承認を得られていないなど、家庭問題を抱えていたりして、ほかへ承認欲求を求めているような場合、おせっかいなほどに優しく親切な行動をとるママがいます。必要以上に優しい、もしくは、プライベートなことを赤裸々に話すような傾向があれば、少し冷静になり、適度な距離感をもって対応し、相手のことを見極めることも必要です。

ママ友は、自分の友達ではありません。情報交換をしないと後れを取るのでは、と気に病むこともあるかとは思いますが、かかわりすぎるほうが、かえっていらぬトラブルを引き起こします。そのときはそこが唯一無二の世界と感じるかもしれませんが、そんなことは決してありません。

過ぎ去ってしまえば、大した問題ではなかったことがわかると思いますが、そんなふうに思えない、渦中にいるママたちの心中が、少しでも和らぐことを願っています。

嫌だなと少しでも感じることには無理にかかわらずに、笑顔で過ごせる子どもとの時間を大切にしてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT