「生身の女と付き合うのが怖い」男たちの実態

それでも婚活し続ける独身男性の5つの特徴

10年、20年と婚活を続ける男性もいる(写真:Graphs / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

婚活するも、独身を謳歌するも、個人の勝手だと言われてしまいそうですが、婚活に疲れて果てた後に、うつ状態になることも多く、注意が必要です。特に女性は、マッチングしないことや出会いの後の交際が長く続かないことで、自分に非があったのではと自己否定し、負のスパイラルにはまっていき、うつ状態になってしまうケースが見受けられます。もちろん、男性にも同じようなことは起こりますが、どちらかというと、女性が短期間のうちにあきらめてしまうのに対し、男性は、淡々と婚活し続けることが多いように思います。データだけで選別される場合、女性のほうが年齢の幅に圧倒的に不利な現実もあり、その影響を受けにくい男性のほうが長期化する傾向もあるかとは思いますが、どうやら別の理由もありそうです。

「10年以上婚活中」も珍しくない!?

この連載の記事一覧はこちら

最近、男性から発せられる「婚活10年やってます」「20年やってます」という言葉にまったく驚かなくなりました。それは婚活ではなくて、単なる趣味じゃないのかと疑いたくなりますが、そういうわけではなく、彼らには、ある特徴があることに気づきました。

特徴① テリトリーを侵されるのが怖い~徹底的な自分主体

食事やお茶はしても、それ以上の関係になるのが怖いという傾向がみられます。誰でも、自分のテリトリーに踏み込まれるのを、少なからず警戒し、抵抗を覚えることがあると思いますが、その感覚が強く、自分のスケジュールに自分以外の意思が働くことを嫌うあまりに、友達以上の関係になることを無意識に拒否してしまう傾向があります。自分の生活圏内に誰かの影響が及ぶことによって、安定した生活を壊されてしまうとばかりに守りに入るのです。自分の気が向いたときにデートするのはよいけれど、先方の都合であらかじめ入れられる予定に縛られたくない。自分の陣地(物理的にも気持ち的にも)には、入り込まれたくない。よって、関係性を深めることができないのです。

次ページ自分が傷つくことを極端に恐れる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT