日銀券が強制通用力を失うと何が起きるのか

読み切り小説:法定デジタル通貨

銀ちゃんがカウンター越しに、

「マスター。キンゾーは最近店に来たかい」

と聞くと、マスターは入り口のほうを見て、

「うわさをしたら、いらっしゃいましたよ」

キンゾーは上機嫌で「ミヤさん、銀ちゃん。久しぶり」と言って、銀ちゃんの隣に座った。

「機嫌がよさそうだな。なにかいいことがあったのか」

と銀ちゃんが聞くと、キンゾーは、

「まあ、そうですね」

と、もったいぶった。

「おい、はっきり言えよ」

と銀ちゃんが急かす。キンゾーは「うひひ」と、品のない笑いかたをして、

「円が上がってミヤさんが大儲けして、銀ちゃんもそこそこ儲けて、元手がないおれだけが儲けられないんで腐ってたんですけど、ちょっとは取り返せました」

「なんのことだ」

と銀ちゃんが聞くと、

「ミヤさんに言われたことをしただけですよ。ねえミヤさん」

「私の言ったこと?」

と、宮崎は首をひねった。

「おれの経験を生かして円を増やせって言ったじゃないですか」

「わからんな」

と、宮崎はさらに深く首をひねった。

ぎりぎりで保っていた均衡だった

「偽札ですよ。以前から知っている偽札師に円の偽札を作らせているんです。先週にその第1弾が出来上がってきて、ここ1週間ぜいたくをしているというわけです」

宮崎が声を荒らげた。

「偽札だと。なにをばかなことをやっているんだ」

「大丈夫ですよ。もう日銀券は法貨じゃないから通貨偽造罪にはならないんですよ。ねえ銀ちゃん。そうでしょ」

「えっ、まあ、そうだな」と、銀ちゃんは戸惑いつつ考えて、「日銀券は金融商品取引法に列挙されていないから同法上の有価証券にはあたらない。なにかの権利を表章しているわけでもないから私法上の有価証券でもないだろうな。だから有価証券偽造罪にもならないと思う」

宮崎が遮り、

「そういう問題を言っているんじゃない」

キンゾーが言った。

「じゃあ、円札が増えれば価格が下がると心配をしているんでしょ。大丈夫ですよ。この1週間で使った枚数は大した数じゃないですし」

「それも違う。ああ、なんてことをしてくれたんだ」

宮崎はそう言って、頭を抱えてカウンターにうつぶした。

宮崎の予想は的中した。

市中で日銀券の偽札が使用されたということが報道され、信用が失墜した円の価格は急落した。eエンとの等価交換がなされていたときの水準をも下回り、下げ止まる気配はいまだない。

キンゾーはまもなく詐欺罪で逮捕された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT