「非恋愛体質」の男性が電撃婚に至ったワケ

恋愛より仕事や友人を優先する生活が一変

「2番手でいい」と思ってきた男性が突然結婚した経緯とは?(イラスト:堀江篤史)

この連載の取材も含めて、3日に1件ぐらいのペースで恋愛や結婚に関するインタビューをしている。多種多様な男女の話を聞いていてときどき感じるのは、「恋愛体質ではないが結婚向きの人はいる」ということだ。

仕事や趣味など夢中になる対象がある人は、恋人にもマメに連絡を取らないことが多い。デートは週に1回でも十分すぎると思っている。相手は寂しい思いをしかねない。

こういう非恋愛体質の人と深く付き合いたい場合は、いっそのこと結婚してしまえばいいと筆者は思う。家族になれば空いている時間は基本的に一緒にいるのだから、会う予定をいちいち調整する必要はなくなる。家事や子育て、老親の世話に関する連絡事項も自然と増える。恋人同士のとりとめのないLINEなどは苦手とする彼らも、業務連絡は明確で迅速だったりする。ちょっと冷淡だなと思っていた恋人が配偶者としては心強かったりするのだ。こちらの出張などで1人にさせても問題ないし、その間の浮気の心配もない。

特定の恋人を作らない「リスクヘッジ」生活

この連載の一覧はこちら

名古屋市で医療関係の仕事に従事している小松正志さん(仮名、35歳)も、恋愛よりも仕事や遊びを優先し続けてきた男性だ。ただし、モテなかったわけではない。逆だ。病院という「女性社会」の職場で、同時に複数の女性とデートをする生活をしていた。

「女性が多いところで働いていると、食事に誘われることなどはしょっちゅうです。でも、女性が男性を誘うのは多少なりとも勇気が要ることですよね。拒むことは申し訳ないと思っていました。相手が既婚者だったこともあります。恋人も結婚相手もほしくなかった僕はそれでもいいと思っていました。2番手男子、すき間産業、です」

正志さんは「モテ職業」の医師ではない。しかし、仕事にも遊びにも精力的で、リーダーシップもコミュニケーション能力も高く、オシャレだ。それでいて恋愛重視ではないので「がっつき感」はない。さまざまな年代の女性たちに好かれるのは納得できる。

次ページ「2番手男子でいい」と思うようになったきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT