「50代の結婚」という夢を叶えた人の"決め手"

人生100年時代に「後半戦」を楽しむヒント

つらい離婚の後、再婚を選んだ2人の決め手とは?(イラスト:堀江篤史)

50代での再婚に「夢が叶った」

この連載の一覧はこちら

<50代でなぜ婚活?と聞かれることも多かったのですが、子どもを引き取って(前の夫と)別れた側としては、子どもが独立するまでは一生懸命で、さみしくないんです。40代は子育てに集中していました。

でも、子どもが大学に入って就職も決めたら……。自分のこれからのことを考えるようになりました。1人でも生きていけるようにいろいろと手は打ってありましたが、誰かの隣でホッとしたいなと強く思いました。今は隣で休む彼を見ながら、夢が叶ったなと思います>

8月18日公開のインタビュー記事(「50歳以上で恋愛なんて」は偏見に満ちている)を書いて以来、50代以降同士の晩婚カップルに取材したいと思い続けてきた。しかし、なかなか取材先が見つからない。仕方ないので筆者のメルマガで募集してみたところ、55歳の女性読者が冒頭のような文章付きで手を挙げてくれた。

昨年末に婚活パーティで出会った5歳上の男性と年明けから交際を始め、婚約をして、現在は都内のマンションで2人暮らしをしている。来春には一人娘が大学を卒業して就職するので、それを待ってから入籍を考えるつもりだという。

<この年齢だと結婚を急ぐ理由はないのですが、恋人というより夫婦のほうがしっくりくるので、早く結婚したいなと思います>

婚活をしていた2年間は本連載を楽しく読んで参考にしてくれていたらしい。早速取材を申し込み、筆者が大好きなアジア食堂「ぷあん」(東京・西荻窪)に招いた。しみじみおいしい北タイ料理を食べながら、2人の話を聞くことにしたい。なお、登場人物は本人たちも含めてすべて仮名である。

次ページきっかけは「バブル崩壊」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT