42歳シングルマザーに訪れた「想定外の出産」

最初の結婚10年、シンママ10年、そして…

10年間シングルマザーをし、その後出会った彼と「授かり婚」をしました(イラスト:堀江篤史)

東海地方にある駅前で、昨年再婚したという菊池佐知子さん(仮名、43歳)と会った。迎えに来てくれた自家用車の後部座席には、生後4カ月の息子を乗せている。佐知子さんには前の夫との間に生まれた中学生の娘もいる。10年間はシングルマザーをしていた。そして、2年前に知り合った義弘さん(仮名、42歳)と「授かり婚」をしたのである。

佐知子さんの滑らかな運転で、住宅地にある邸宅を改装したカフェに到着。太陽光がたくさん入る明るいフロアで韓国茶をいただきながら、10年近く続いた1度目の結婚についてから話を聞くことにした。前夫の名前を健一郎さんとしておこう。

前夫はプロのミュージシャンを目指す大学時代の先輩

この連載の一覧はこちら

「前のダンナは大学時代の先輩です。プロのミュージシャンを目指していて、卒業後も就職はせずにアルバイトをしながら暮らしていました。新聞代を滞納して督促されるようなだらしのない人でしたが、母性本能をくすぐられて付き合っていたのだと思います」

さばさばとした表情で過去を振り返る佐知子さん。彼女自身は大学卒業後に住宅メーカーに就職し、厳しい住宅営業の世界に総合職として身を投じた。年収は健一郎さんの倍である。マンションの家賃も佐知子さんのほうが多めに払った。職業柄、賃貸と分譲のどちらが得かが気になり始める。

「計算をしたら、夫婦でローンを組んで一軒家を購入したほうが得だとわかりました。私の勤め先と彼のアルバイト先の中間地点に家を買うことにして、それをきっかけにして結婚したんです。頭金は彼の親が出してくれました」

結婚と一軒家を同時に手にした佐知子さんは当時まだ24歳。実力派の「早婚さん」である。ただし、子どもは健一郎さんが欲しがらなかった。洋服や車にこだわりたいので、教育費などにおカネを使いたくないという。

収入は低く、ちょっとだらしのない健一郎さんだが、家事をまったくしないわけではない。料理を作って佐知子さんの帰りを待っていてくれることもあった。

次ページ重要事項を佐知子さんが主導していた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。