シャープがこだわる「8Kテレビ」に他社は冷笑

鴻海の支援でV字回復、液晶事業に懸けるが…

シャープは家電・IT見本市「シーテック」の場で、8Kテレビを大々的にアピールした(記者撮影)

85インチの大型パネルに映し出されたバレリーナの映像を見ていると、脇から本物のバレリーナが登場、映像と寸分たがわぬ動きで舞い始める――。

10月頭に東京・幕張で開催された家電・IT見本市の「シーテックジャパン」。凝った趣向で “実物と見分けがつかないほど高精細なディスプレー”をアピールしたのは、台湾・鴻海精密工業のもとで経営再建を進めているシャープだ。バレリーナの映像は、8Kカメラで撮影し、8K対応パネルに映されていた。

8Kとは、超高画質のディスプレー解像度のこと。現在放送されているフルハイビジョン番組の16倍、4K対応テレビの4倍の画素数(約3318万画素)を持つ。

12月には日本でも8Kテレビを発売

シャープは今、この8Kディスプレーを再成長の軸の1つに据えている。今年10月には中国で世界初の8Kテレビを発売、日本でも12月には販売を始める予定だ。

シャープは8Kテレビに並々ならぬ意気込みを見せている(撮影:今 祥雄)

国内での販売価格は、70インチで100万円前後になる見込み。決して安いとはいえないが、同社の野村勝明副社長は「中国ではいいスタートを切っており、日本でも予約が始まった。12月の販売開始時点で月200台規模の販売を目指す」と意気込みを語る。

シャープは年内に8K対応の業務用ビデオカメラも発売する。さらに、医療用モニターや監視カメラといったBtoB市場も強化することで、2020年度に8Kだけで売上高3000億円を目指す計画だ。

パネルの生産は、日本や台湾向けは国内で行い、中国と米国向けはシャープと鴻海が共同で合計約2.3兆円を投じ、それぞれの国に8Kパネル工場を建設している。

シャープがここまで8Kに懸けるのには、どのような理由があるのか。

次ページこだわりの背景に好決算
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT