シャープがこだわる「8Kテレビ」に他社は冷笑

鴻海の支援でV字回復、液晶事業に懸けるが…

市場を牽引するのは、当面4KやHDR(ハイダイナミックレンジ)テレビとなりそうだ。というのも、日本で8K放送が開始されるのは2018年12月とまだ先で、別途受信機も必要となる。さらにNHK以外の民放は、8K放送に必要な巨額投資に二の足を踏む。中国では放送開始のメドすら立っていない。デジタル放送や4K放送、ネット配信の動画を8Kの解像度に変換して鑑賞することになる。

競合他社は一様に有機EL推し

家電量販店には有機ELテレビがずらりと並ぶ(撮影:梅谷秀司)

競合がシャープを見る目は冷ややかだ。テレビメーカー各社がしのぎを削っているのは、8Kの液晶ではなく有機ELテレビ。同業他社の社員は「シャープさんは昔から一本気だから」と苦笑する。

2017年、国内のテレビ市場では東芝、ソニー、パナソニック、韓国LG電子の4社から有機ELテレビが出そろった。家電量販店に行くと、液晶と有機ELの画質を比較するような特設売り場が設けられていることも多い。

有機ELは自ら発光する有機化合物を使ったパネル。液晶のようにバックライトが不要なため、壁に掛けられるほど薄くすることが可能で、画面の切り替えも早い。色のコントラストをはっきりと表示することに長け、暗い場面の多い映画やスポーツ、ゲームなどを観るのに適しているという。

有機ELテレビに注力する他社とは裏腹に、シャープの野村勝明副社長は8Kへのこだわりを強調した(記者撮影)

今のところ、テレビ向けの大型有機ELパネルはすべて韓国LG電子製であり差別化が難しい。だが各社は、独自の画像処理や音響技術で独自性を打ち出し、映像へのこだわりを持つ消費者に訴えかける。停滞するテレビ市場における一つの起爆剤としたい構えだ。

有機ELテレビも8Kと同様、将来の普及に向けて手探りの状態だ。ただ、参入が遅れることへのリスクもある。シャープも有機ELテレビの生産に乗り出すことは明らかにしているほか、スマホなど中小型の有機ELパネルは、来春から出荷が始まる。

それでもシャープとしては「2020年度には60インチ以上の液晶テレビの半分を8Kに変える」という目標を掲げており、8Kへのこだわりはなお強い。液晶パネルを製造する大阪・堺工場への過剰投資で痛い目を見た過去もある。二の舞となることはないのか。シャープの8Kをめぐる“孤独な闘い”は、けっして楽な道ではない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。