リーダーに求められる究極の資質は「度胸」だ

経営が行き詰まったときにどうするべきか

そのような心掛けで情報を集め、その中から、経営行き詰まりの打開策を見つけ出す。特に、これからの時代は今までとは異次元の世界、非連続的時代がやってきます。いくらでも自分の経営を存続させ、成長させる道、壁を突破する新事業は考えつくでしょう。

要は、行き詰まった、あるいは行き詰まりそうだと感じたならば、とりわけ今の時代は、いくらでも新しいシーズ(seeds)はありますから、「衆知を集める」「情報を集める」ことは、極めて有効であるといえるのではないでしょうか。

行き詰まったときの経営者がとるべき対応は、以上の最小限3つの項目ですが、そのような、行き詰まりを打開する経営者の条件は何かといえば、経験的にいえば、「経営センス、判断力、度胸」の3つでしょう。「経営センス」があれば、経営が行き詰まってもどのような対応をすべきか、事業の方向転換はどうすればいいか、どのように時代に合わせて新分野に取り組むべきか。そのようなことを直感的に把握することができるでしょう。

また、「判断力」。その新しい事業、新しい分野に取り組んで、将来はどうか、あるいは利益は確保できるが、問題は出てこないか、最初はともかく、反社会的な活動にならないかなどを判断する。その「判断力」が求められます。儲かる、成功すると経営センスで、よし取り組もうと取り組んでも、判断力がないと、その後しばらくして、とんでもない災難に出合い、結局は倒産ということになります。判断力が必要なゆえんです。

結局は度胸が大切

3つ目は、「度胸」でしょう。なにせ、今の経営の基本に則っているとしても、まったく未知の事業、未知の分野に取り組むわけですから、相当な投資も必要になってきます。

いくらセンスがあり判断力があっても、そこで躊躇すればおしまい。「百尺竿頭進一歩」(竿の先から踏み出す勇気)で、その新しい方向でたとえ失敗しても、為すべきことはした、やるべきことはやり尽くした。わが身がどうなろうと以(もっ)て瞑(めい)すべし、この新しい分野、事業に飛び込むんだという「度胸」がなければ、窮状を打開することはできない。経営の壁を打ち破ることはできません。そういう意味で、経営者には「腕力」が必要。意志の強さというか、「千万人と雖(いえど)も吾(われ)往(ゆ)かん」という、そのような「度胸」が必要だということです。

行き詰まった経営を打開する方法は、それぞれいろいろと考えられるでしょうが、少なくとも、行き詰まっても行き詰まっていない、道は無限にあるということ、白紙にして新しい事業、分野を考えること、情報を集めること。当たり前のことばかりですが、センスと判断力と度胸で、経営の壁を突き破ることを考えてみることが必要ではないかと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT