子どもが勉強しない一因は「親ストレス」だ

子どもたちは"心"を守ろうとしている

素直ではない、立ち直りが遅い子どもにどう対応すればいいのでしょうか(写真:miya227 / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小4の娘のことで相談します。小3まで算数だけ塾に通っておりましたので計算はできますが、国語の読解や算数の文章題、図形、単位などは勘で解いている状態です。小3の問題で難易度も標準レベルの問題ですが、計算の過程を図や文章で書きなさいというと、手が止まってしまいます。国語においては、適当に読んで適当に答えるという言葉がぴったりで、直しを指示しても4、5回でやっと正解になるありさまです。
正答することにこだわっており、見ていないところで答えを写すことも多々あります。わからない、できないということを人に知られたくないと思っているようで、素直に聞こうとしません。また立ち直りもたいへん遅いです。プライドが高いとあまりよいとは思えないのですが、どのように声かけしていけばいいでしょうか。
(仮名:玉木さん)

プライドの問題ではありません

この連載の記事一覧はこちら

お子さん、結構つらそうですね。「どのように声かけしていけばいいでしょうか」ということですが、この種の問題は、声かけでは解決はしません。また、ご質問から察するに、お子さんは素直ではなく、プライドが高いことに原因があるように一見思えますが、実は、問題の本質は、まったく別のところにあります。

では、どこに問題があるかみていきましょう。

現在小4の娘さんは、国語は勘で解く、算数の計算はできるが、文章題はできないという状況で、それに対して、お母さんは、「○○しなさい」と指示をしています。

ここにまず大きな問題があります。本来、「勉強は、やりたいという気持ち、知りたいという気持ちを作ってからやる」が大原則であるため、その逆の「○○しなさい」という指示があればあるほど、ますます勉強が嫌いになるという傾向があるのです。

さらに、親の言うとおりにやったとして、親の期待レベルに達しないと怒られると思っているため、子どもは「見ていないところで答えを写し怒られないようにする」という“作業”に出てしまうことすらあります。ちょうど、指示ばかり出し、怒りっぽい上司の下で働く部下が、マイナスの報告をしなくなることによく似ています。

次ページどんなアプローチをすればいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT