「嫌われる営業マン」の話し方、よくある7大NG

「早口、強引、上から目線…」あなたは大丈夫?

次によくあるのが、売りたい商品の「いいところしか言わない」ことです。

商品の「足りないところ」もきちんと説明する

【4】商品の「いいところ」しか言わない

「小さいのに前のモデルより機能がたくさんついていて、さらに便利になりましたよ」
「……でも、手入れが面倒そうじゃないですか?」
「いやいや、それより持ってみてください。軽いから持ち運びも楽々ですよ」

商品についてのセールスポイントを「的確に伝える」ことはとても大切なことです。でも、いいところばかりの説明だけでは、「本当にそんなにいいことばかりなの?」と説得力に欠けてしまいます

それに、あとで壊れてしまったりしたときなどに「そんなの聞いていない!」とクレームにもなりかねません。

商品の「いいところ」だけでなく「足りないところ」もきちんと説明すると、かえって相手も「この人は商品のことをちゃんと理解して営業している」と納得・安心してくれます。

【5】「買わないと損をする」と恐怖心をあおる

「今、ここで買わないと絶対に大損をしますよ」
「ほとんどのご家庭で購入していますよ」

「今、ここで買わないと損!」というような恐怖心をあおる営業トークも、結構耳にすることがあります。

このようなトークのときは、「今、買わせたい」という気持ちが先走っているので、肝心の商品の説明がおろそかになっている場合が多いものです。これでは、後々のクレームにもつながりやすくなってしまいます。

それに、「この人が営業に来たら買わなければならないかも」と、ネガティブなイメージがついてしまうかもしれません。くれぐれも恐怖心をあおるような営業トークは控えましょう

【6】「上から目線」の話し方をする

「今は、これくらいの機能付きは常識レベルですよ」
「この番号順に操作するだけなんですけど、これくらいなら、できますよね?」

「上から目線」の話し方は、さまざまな場面でイヤな印象を与えてしまいますが、営業トークでは特にイヤな印象が強く感じられます

興味がある商品で熱心に聞いていても、「知らなかったんですか?」「できますか?」と「上から目線」でどんどん言われると、買いたい気持ちよりも不快感が強くなってしまい、いい商品も「イヤな商品」になってしまいかねません。

商品に詳しい、できる営業マンほど「上から目線の話し方」になりがちなので、特に気をつけてください。

次ページ「私たち、初対面なんですが…」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。