「嫌われる営業マン」の話し方、よくある7大NG

「早口、強引、上から目線…」あなたは大丈夫?

まず、よくあるのが、「一方的に早口」でどんどん話してくることです。

商品の「押し売り」は絶対にダメ!

【1】「一方的に早口」で話しまくる

商品について説明する必要は当然ありますが、とにかく「一方的に話す」人っていますよね。そして、そんな人は早口だったりすることが多いものです。

10月26日(木)19時より「くまざわ書店ペリエ千葉本店」にて「魚住りえさん 話し方・聞き方講座」を開催します。詳しくはこちら

「マシンガン」のように話が途切れることなく続くと、相手は「自分の話」ができずイヤな思いをするだけでなく、「聞いていること」にも疲れてしまいます

「細かいことまで、きちんと話さなければ」という気持ちからかもしれませんが、これではどんなに話しても、「話の内容」も「あなたの気持ち」も相手に伝わりません

せっかくのチャンスも逃してしまうことになってしまいますので、「低めの声」で「ゆっくり話す」のを意識して、一方的にならないように気をつけましょう

【2】商品を「強引」に勧めすぎる

「本当にいい商品なんです。絶対に買ってください!」
「来週契約書を持ってきますので、それまでこちらを使ってください」

「どうしようかな……」と迷って即決できないときに、強引に勧めてくる営業トークもありがちです。

商品のいいところを強調してくるまではいいのですが、「絶対に買ってください!」と言わんばかりのゴリ押しは、かえって相手は引いてしまいますよね。

「押し売り」にならないように、自分の意見はきちんと伝えると同時に、相手の話もきちんと聞いてあげるのがマナーですね。

【3】「他社の悪口」を平気で言う

「実は、●●社の商品はすぐ壊れてしまうという話があるんです」
「△△商事って話題になっていますが、業界ではかなり評判が悪いんですよ」

自社の商品のよさを伝えたいとき、「他社の商品」と比較して説明することはよくありますが、そこで他社の「悪口」を言ったりする営業マンも、意外に多いものです。

そもそも「悪口」を言うこと自体よくない行動ですが、それ以上に、相手に「他社の悪口を言ってまでも売りたいのか」という気持ちを持たれてしまい、かえって自社のマイナスイメージがつくことになってしまいます。

他社と比較して伝えたいときは、「悪口」にならないような表現にしたほうがいいですね。

次ページ「いいところしかない」って本当?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT