大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」

「従来型の組織人事制度では成功できない」

『大前研一 デジタルネイティブ人材の育て方』(プレジデント社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

スキルギャップは定量化する。また、定期的といっても頻繁にやる必要はなく、1年か2年に1度くらいでいいだろう。そこで、どの程度埋まったか判断し、新たなギャップが出てきたら、それをどうやって埋めていくか決めるというのを繰り返すのだ。

人材育成には10年かかるので、つねに10年後の会社の姿をイメージするのが大事なのである。

いずれにしても、21世紀は従来型の組織人事制度では成功できない。グローバル人材、イノベーター、リーダーを採用、活用できる仕組みを新たに構築する覚悟が必要なのだ。

政府、企業、個人レベルでそれぞれがすべきこと

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT