大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」

「従来型の組織人事制度では成功できない」

各社でこれらを1つずつ、時間をかけて検討していかなければならない。

新卒一括採用はやめるべき。年齢差のある職場はプラス

簡単に私の考えを述べると、まず新卒一括採用はやめるべきだ。今のように、苦労して採用しても5年後に半分に人数が減っているような状態では、投資効率が悪すぎる。

それに、いくら有名大学を卒業したといっても、日本の大学は事業のことなどわかっていないし、21世紀の企業に必要なことなど1つも教わってきていないのだから、役に立つはずがないのである。それよりも、他社で働いてスキルをもった28歳~32歳くらいまでの人間を採ったほうがいい。

逆に、12~18歳だと、21世紀向きの人材だといえる。すでにドワンゴは高校1年生の山中勇成氏をスカウトしているし、cookpadも中学を卒業後、高校に進学せずアルバイトをしていた福森匠大氏を開発者として採用している。優秀な人材を採用するのに、大学を卒業する22歳まで待つ必要などないのだ。

年齢差のある職場はプラスである。

次ページ正規社員はコストとなるリスクが高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT