大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」

「従来型の組織人事制度では成功できない」

ダイバーシティに関しても、ダイバーシティチームを編成し、期間を設けてリーダーを選んでプロジェクトを進めることが重要だ。

副業を禁止する会社に未来はない

副業も禁止する理由はない。入社以来、自分の会社の仕事しかやったことのない間口の狭い人のほうが、これからは戦力として使えなくなる。

サバティカルは本来、6年働いたら少なくとも1カ月以上、場合により1年間程度の休暇を与えるという意味だ。しかしながら、日本では仕事がきちんと定義されていないので、1年休むと誰かがその仕事を埋め合わせるため、戻ってきたら居場所がないということになりかねず、これではおちおち休んでもいられない。現実的なのは、5年に1度、年次休暇を倍にするくらいが関の山だろう。

アントレプレナーはクラウドソーシングなどを利用してどんどん社内に取り込んでいったほうがいい。医薬品の研究開発などは、カナダやオーストラリアで定年退職した人を迎え入れるという手もある。

次ページ人材を的確に判断するために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT