大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」

「従来型の組織人事制度では成功できない」

データベースは5段階評価のようなものではなく「この問題が発生したとき、彼はこのような解決策を出した」というように、必ず記述する方式にする。そうすればそれを読んだ人が、「彼はこういう人間だから、次はこのアサインメントを与えよう」と的確に判断することができる。ただし、評価する立場の人間は、自分の仕事時間の10~15%を、そのために使うようにしなければならない。

スキルギャップ会議を設置、人材育成には10年かかる

それから「人材過不足会議(スキル・ギャップ会議)を設置するといいだろう。 10年後、こういう会社にしたいが、それを達成するにはこのスキルが社内に不足している。これがスキルギャップであり、これをどうやって埋めていくかを定期的に話し合い、対策を立てるのだ。

次ページつねに10年後の会社の姿をイメージするのが大事
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT