お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

元本割れをしてもドキドキしない

iDeCoも、つみたてNISAも、この「バナナ」の仕組みが利用できるので、下落時も「ああ、バナナをいっぱい買えているのね」と、恐れることなく枕を高くして、いい夢を見られます。

この「バナナ」の仕組みがわかっていれば、下落時に仕事が手につかなくなり、大底で投げ売って大損ではなく、ふふふと笑って、回復を待つだけです。ワインの例で勘のいい方ならおわかりかと思いますが、投資を始めたときの値段に戻らなくてもいいところが、この「バナナ」の面白いところです。

投資を怖いと思っている人はいても、価格が上がって怖いと思う人はいないので、下がったときに怖くない「バナナ」で投資デビューをするのは、一括投資よりも心理的なハードルがぐっと低くなります。

最初の日経平均の例も、投資元本を割る日々がずっと続いています。ここで「バナナ」を知っている人は、黙々と買い続けます。そして、数年後、たくさんのバナナが貯まったときがいちばん大事なときです。

少し値動きがあっただけでも、投資の結果に大きく影響するからです。仮に1000円の値動きがあったとしましょう。

バナナ5本×1000円=5000円

バナナ5000本×1000円=500万円

『お金に泣かされないための100の法則』(主婦と生活社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

バナナが増えると、同じ値動きでもインパクトが強くなるのです。つまり、少しの下落でも、大きな下落になります。iDeCoやつみたてNISAを20年続けたとき、途中の値動きで一喜一憂する必要はありませんが、出口だけはとても大事です。人によって、ドキドキするリスク許容度も違いますし、投資を始める前と、投資を経験した20年後もまた違うと思いますが、ドキドキするなら、貯まったバナナを少しだけ、値動きの少ないものに移しておく、そんなことを頭の片隅に置いておくといいでしょう。

人生のゴールは100年、今日明日の、元本割れでドキドキせずに、成長する経済におカネを投資し、世の中が安心、安全、便利になるのを楽しみながら、「バナナ」を楽しみたいものです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。