お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

1万円のお小遣いで、毎月同じワイン買う

1カ月目:1万円のお小遣いで、1万円の値段がついたワイン(Aワインとしましょう)は何本買えますか?

答えは「1本」です。

2カ月目、Aワインの価格が1000円になりました。1万円で、Aワインは何本買えますか? 

「10本」です。

3カ月目、Aワインの価格が再び1万円になりました。1万円でAワインは何本買えますか? 

「1本」ですね。

3カ月で、ワインセラーには、何本のAワインがありますか?

「12本」となりました。

それを、「Aワインを飲まないなら、1本1万円で買います」と買う人が出たとします。12本のAワインが1万円で売れたら、いくらもらえますか?

答えは言うまでもなく「12万円」です。

3カ月でワインを買ったときに使ったおカネは3万円でした。3万円が12万円になるのを、悲しいと答えた人は、いません。むしろ「うれしい」「超うれしい!」と答える人が多いです。「特に2カ月目がうれしい」と。

じゃあ、半分に値切った5000円でワインを買う人がいればいくらもらえますか?

簡単な計算ですが、「12本×5000円=6万円」。買った値段の倍です。

次ページ意外と知られていない投資の常識
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング