お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

1万円のお小遣いで、毎月同じワイン買う

1カ月目:1万円のお小遣いで、1万円の値段がついたワイン(Aワインとしましょう)は何本買えますか?

答えは「1本」です。

2カ月目、Aワインの価格が1000円になりました。1万円で、Aワインは何本買えますか? 

「10本」です。

3カ月目、Aワインの価格が再び1万円になりました。1万円でAワインは何本買えますか? 

「1本」ですね。

3カ月で、ワインセラーには、何本のAワインがありますか?

「12本」となりました。

それを、「Aワインを飲まないなら、1本1万円で買います」と買う人が出たとします。12本のAワインが1万円で売れたら、いくらもらえますか?

答えは言うまでもなく「12万円」です。

3カ月でワインを買ったときに使ったおカネは3万円でした。3万円が12万円になるのを、悲しいと答えた人は、いません。むしろ「うれしい」「超うれしい!」と答える人が多いです。「特に2カ月目がうれしい」と。

じゃあ、半分に値切った5000円でワインを買う人がいればいくらもらえますか?

簡単な計算ですが、「12本×5000円=6万円」。買った値段の倍です。

次ページ意外と知られていない投資の常識
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。