お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

では、ある金融商品の値動きを示すチャートを見て、買いたいと思うでしょうか? 最初についた価格が10分の1まで下がりつつも、元の値段に回復。ただ、その後、半額まで下がったという金融商品です。

なぜだか、「これは買いたくない」という人が少なくないのですが、さっきのAワインをチャートにしただけです。

Aワインを買って「儲かった」という2カ月目は、チャートで見るとこんな怖いことになっているのです。

ここに、日本では知られていない、投資の常識があります。多くの人が、投資をするときに、値動きしか見ていません。ワインについている値札だけをじっと見ているようなものです。でも、積み立て投資でいちばん大事なのはワインの本数です。

なぜなら、一括投資の結果が、ワインの値段で決まるのに対し、積立投資の結果は、ワインの本数「×(かける)」ワインの値段だからです。

一括投資の結果=ワインの値段

積み立て投資の結果=ワインの本数×値段

一括買いと積立投資

投資といえば、「安いところで買って高いところで売る、その差が儲け」、と考える人が日本ではほとんどです。買った値段より、下がっていたらどうしようもない。私もお恥ずかしながら、そう思っておりました。ところが、証券外務員の資格を取ったのが、たまたま日本では珍しい「積み立て投資」を積極的に進める会社で、お客様におすすめするのも、「積み立て投資」ばかりでした。

リーマンショックがあって日経平均が半分になっても、東日本大震災で2000円下がっても、コツコツ積み立て投資を続けます。すると、一時的には値下がりしても、どのお客様もプラスに戻ってくるのです。

毎月コツコツ積立投資をする方法を、投資用語で「ドルコスト平均法」といいます。ドルコスト平均法という名前を知っている人は多いのですが、その威力を知る人は、残念ながら日本では、まだ多くはないといえます。

次ページドルコスト平均法は、時間の分散
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT