お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

だいたいドルコスト平均法なんて、名前がよくありません。ドルだけに投資するわけではないし、コストというと何か余分におカネを取られるようなイメージですし、平均法と聞くだけで、何の平均だ?何のために平均を出すのだ?と悩んでしまいます。所得税の計算では、平均買い付け単価を出すことが重要かもしれませんが、いっそのこと、日本中で愛される、かわいい名前を付けたらいいと思います。「パンダ」とか「バナナ」とか。

バナナは出口が大事

ドルコスト平均法よりは簡単な投資用語に、「分散投資」というのがあります。この分散には、「銘柄の分散」と「時間の分散」があります。

ドルコスト平均法、もとい「バナナ」は、時間の分散です。同じ銘柄のワインを……、もうややこしいので、バナナにしておきましょう。同じ銘柄のバナナを、毎月コツコツ買っていきます。同じ銘柄のバナナばかり買っていると、長雨やバナナの病気で、バナナが取れなくなり、バナナが急騰することもありますし、逆に豊作でバナナが大バーゲンになることもあります。1つのバナナばかり買うのは、リスクが偏りすぎるので、別のバナナも買っておきます。これが、銘柄分散です。

組み合わせたものを、毎月コツコツと「バナナ」投資法で買っていく、こんなイメージです。銘柄分散と、「バナナ」で、最強!と言いたいところですが、右肩上がりの相場では、この「バナナ」は、残念ながら一括投資に勝てません。毎月買うバナナが、2分の1本、3分の1本と減っていくからです。しかし、価格は上がっていますから、かけ算をするときの価格が高くなり、損をすることはありません。

次ページ値段が変わるものはたくさんある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。