お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

だいたいドルコスト平均法なんて、名前がよくありません。ドルだけに投資するわけではないし、コストというと何か余分におカネを取られるようなイメージですし、平均法と聞くだけで、何の平均だ?何のために平均を出すのだ?と悩んでしまいます。所得税の計算では、平均買い付け単価を出すことが重要かもしれませんが、いっそのこと、日本中で愛される、かわいい名前を付けたらいいと思います。「パンダ」とか「バナナ」とか。

バナナは出口が大事

ドルコスト平均法よりは簡単な投資用語に、「分散投資」というのがあります。この分散には、「銘柄の分散」と「時間の分散」があります。

ドルコスト平均法、もとい「バナナ」は、時間の分散です。同じ銘柄のワインを……、もうややこしいので、バナナにしておきましょう。同じ銘柄のバナナを、毎月コツコツ買っていきます。同じ銘柄のバナナばかり買っていると、長雨やバナナの病気で、バナナが取れなくなり、バナナが急騰することもありますし、逆に豊作でバナナが大バーゲンになることもあります。1つのバナナばかり買うのは、リスクが偏りすぎるので、別のバナナも買っておきます。これが、銘柄分散です。

組み合わせたものを、毎月コツコツと「バナナ」投資法で買っていく、こんなイメージです。銘柄分散と、「バナナ」で、最強!と言いたいところですが、右肩上がりの相場では、この「バナナ」は、残念ながら一括投資に勝てません。毎月買うバナナが、2分の1本、3分の1本と減っていくからです。しかし、価格は上がっていますから、かけ算をするときの価格が高くなり、損をすることはありません。

次ページ値段が変わるものはたくさんある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング