お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう

金融マンも意外と知らない積立投資の利点

値下がりを恐れずに毎月一定金額で積み立てていくと…(写真:xiangtao / PIXTA)

毎月あらかじめ決めた金額で、金融商品を購入する。そんな積み立て投資への注目が集まっています。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」。2001年に施行された確定拠出年金法に基づいて実施される私的年金で、自分で任意に申し込み、自ら運用方法を選んで、掛け金を拠出し、掛け金とその運用益の合計額を基に給付を受けられます。今年から基本的に今年から20歳以上60歳未満であれば、公務員も専業主婦も加入できるようになったことで、女性誌などでも特集が組まれました。

来年から始まる「つみたてNISA(積立NISA)」。最長20年の非課税期間が設けられた、新たな少額投資非課税制度です。すでにこの9月から早々と募集を始めた証券会社もあり、今まで投資をしたことがなかった初心者にアピールしようとする金融機関の意気込みが感じられます。

iDeCoとつみたてNISA。この2つの大きな特徴は節税ですが、初心者には、それだけではないメリットがあります。投資の常識ながらも、金融機関の職員でさえあまりよく理解されていない、積み立て投資そのもののメリットです。

これ、買いたいですか?

ここで、ある投資商品の値動きを紹介しましょう。2000年に1万9000円台で買ったものの、その後は2003年に8000円を割るところまで下落。2007年には1万8000円台まで戻りますが、2009年には再び8000円割れ。何とか回復基調に乗って、直近の2017年は2万円台へ。購入当初からやっと5%ほどプラスになりました。

私が全国で開いているセミナーで受講生にこの値動きをチャートで見せて

「この商品に投資したいですか?」

と聞いてみると、だいたいこんな答えが返ってきます。

「いやですね」

「こんなに下がって怖いです」

「17年間で5%プラスって、1年で0.3%しか増えてない! それに途中で、こんなに下がって。だから投資なんか怖いからしたくないのよ~」

次ページこの商品の正体は
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。