アラブの春にソーシャルメディアは効いた?

経済学徒がゲーム理論の手法で分析してみたところの話

「不満」と「不安」の狭間に現れたソーシャルメディア

閑話休題、ソーシャルメディアの影響の分析に戻ろう。「1月25日タハリール広場に集まれ!」という書き込みを見た市民は「行く(攻撃)」あるいは「行かない(攻撃しない)」のどちらを書き込むべきだろうか? (行かないつもりなら何も書き込まないかもしれないが、この場合は「行かない」と同一視する。) そして、1月25日にはどちらの行動をとるべきだろうか?

仮に、自分も相手も「行く」と書き込んだとしよう。相手が「行く」と書き込んだのを見れば、相手も現状に不満があることがわかる。もはや互いに何を考えて いるのかわからない「不安」はない!(一方、「行かない」という書き込みには「不安」が残る。不満がないから「行かない」のか、不満はあるが「行かない」 のかは、わからないからである)。

だが、依然として互いに「行く」と書き込んでいるからといって本当に「行く」のか? という疑問は解決されていない。厳密な議論はここで少し複雑になるので、結論だけ言おう。

黄色部分が均衡
分析の結果からは、ある条件の下で頻繁にソーシャルメディアに書き込むことができるなら2人とも実際に「行く」ことが示される。

この結果を陰で支えているのはインターネット検閲の存在である。検閲は市民から発言の自由を奪い、インターネットの反政府活動への利用を妨げる側面もあるが、この場合には検閲も革命の一端を担っていたといえる。

以上の議論で、ソーシャルメディアで反政府活動が盛り上がっていれば、実際に革命に出向くことがわかった。残る問題は、そもそも「行く」と書き込むか否かだ。一見すれば、検閲にビビって「行かない」と書き込む可能性も否定できないように思われるが、これも、

頻繁な書き込みが可能ならば、現状に少しでも不満なら「行く」と書き込むことが示される。

したがって、2人とも現状に不満ならば、2人とも「行く」と書き込み、そして実際に革命が起こるのである。これを現実に当てはめると、現状に不満を持つ人が実際に多くいるような状況においては、頻繁なコミュニケーションを実現したソーシャルメディアは、アラブの春に大きな役割を果たしたといえる。

次ページなぜ中国では失敗したのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT