マニア厳選!極上のコーヒーに必要な器具

グラインダーを甘く見てはいけない

Q: 編集部では、コーヒーマニア向けではない、普通の人のための器具も評価しているのか。

A: 安価なコーヒーメーカーの中から、最高のものを選ぶテストを行った。100ドル以下のコーヒーメーカーの中で、最も人気があり評価も高い器具を7つ選んで、それを200ドルの「オクソー・オン(Oxo On)」9杯用と比べてみたのだ。「オクソー・オン」は、コーヒーマニアの人たちにブラインドテストをしてもらった結果、評価が高かったコーヒーメーカーだ。

最初に、単一産地のコーヒーを使って、コーヒー愛好家の人たちにどのコーヒーメーカーが最もよいかを試してもらった。続いて、普通に売っているダンキンドーナツのハウスブレンド(あらかじめ挽いてあるもの)を使って、同様にテストした。両方のテストで圧倒的に強かったのが「ハミルトンビーチ」12杯用(46201)だ。最初のテストでは、「オクソー」に次ぎ2位で、2回目のダンキンドーナツのテストでは「オクソー」を破って1位になった。

ポッド式の評価を行わない理由

Q: ワイヤーカッターもスイートホームも、ポッド(カプセル)式コーヒーメーカーの評価を行っていない。何か理由はあるのか。

A: ポッド式のコーヒーメーカーは似たり寄ったりなのだ。どの器具もあまりおいしいコーヒーが作れず、プラスチック製のポッドも簡単にはリサイクルできない。私たちが選んだ安価なコーヒーメーカーのほうがおいしいコーヒーができるし、長期的に見たらずっとコストも低い。

ただし、家庭でうまくエスプレッソをいれるには、かなり練習が必要だ。だから、(「ポッド式の)ネスプレッソ」を買っても非難したりしない。ネスプレッソで作れば、ポッド1つ当たり1ドルで、ドライブスルーの店のバリスタと同じようなものが入れられる。自分で豆を挽いて作るよりは高いが、スターバックスで3ドル払って買うよりは安い。それに、ネスプレッソは(同じくポッド式の)キューリグとは違い、無料のリサイクルプログラムを何年も続けている。

Q: スマート家電化が進んだら、コーヒー愛飲家に何かメリットはあるか。

A: 特にはない。Wi-Fiとアプリが加わっても、器具のボタンがスマートフォンの画面上に移るだけだ。ほとんどのコーヒーメーカーは、すでにタイマーで動かせるようになっている。ただ、ユーザーは就寝前にコーヒーの粉をコーヒーメーカーに入れておく必要がある。いくらスマート家電でも、それはできないので。いずれにせよ、タイマー予約ができるコーヒーメーカーで最大の問題は、前の晩にセットしておいたコーヒーが、抽出する時間までに新鮮ではなくなるということだ。アプリでそれを直すことはできない。

Q: 編集部では、ハンドドリップ用の器具をテストするためにコーヒーを100杯以上飲み、冷水抽出用の器具のテストでは300杯飲んだ。みんな眠れたのか。

A: ワインのテイスティングのように、少し口に含むだけだ。ただ、やはりワインのテイスティングのように、結局はかなりの量を飲んでしまう。あんなにおいしいと、飲まないわけにはいかない。

(執筆:Damon Darlin記者、翻訳:東方雅美)
© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT