マニア厳選!極上のコーヒーに必要な器具

グラインダーを甘く見てはいけない

Q: 編集部では、コーヒーマニア向けではない、普通の人のための器具も評価しているのか。

A: 安価なコーヒーメーカーの中から、最高のものを選ぶテストを行った。100ドル以下のコーヒーメーカーの中で、最も人気があり評価も高い器具を7つ選んで、それを200ドルの「オクソー・オン(Oxo On)」9杯用と比べてみたのだ。「オクソー・オン」は、コーヒーマニアの人たちにブラインドテストをしてもらった結果、評価が高かったコーヒーメーカーだ。

最初に、単一産地のコーヒーを使って、コーヒー愛好家の人たちにどのコーヒーメーカーが最もよいかを試してもらった。続いて、普通に売っているダンキンドーナツのハウスブレンド(あらかじめ挽いてあるもの)を使って、同様にテストした。両方のテストで圧倒的に強かったのが「ハミルトンビーチ」12杯用(46201)だ。最初のテストでは、「オクソー」に次ぎ2位で、2回目のダンキンドーナツのテストでは「オクソー」を破って1位になった。

ポッド式の評価を行わない理由

Q: ワイヤーカッターもスイートホームも、ポッド(カプセル)式コーヒーメーカーの評価を行っていない。何か理由はあるのか。

A: ポッド式のコーヒーメーカーは似たり寄ったりなのだ。どの器具もあまりおいしいコーヒーが作れず、プラスチック製のポッドも簡単にはリサイクルできない。私たちが選んだ安価なコーヒーメーカーのほうがおいしいコーヒーができるし、長期的に見たらずっとコストも低い。

ただし、家庭でうまくエスプレッソをいれるには、かなり練習が必要だ。だから、(「ポッド式の)ネスプレッソ」を買っても非難したりしない。ネスプレッソで作れば、ポッド1つ当たり1ドルで、ドライブスルーの店のバリスタと同じようなものが入れられる。自分で豆を挽いて作るよりは高いが、スターバックスで3ドル払って買うよりは安い。それに、ネスプレッソは(同じくポッド式の)キューリグとは違い、無料のリサイクルプログラムを何年も続けている。

Q: スマート家電化が進んだら、コーヒー愛飲家に何かメリットはあるか。

A: 特にはない。Wi-Fiとアプリが加わっても、器具のボタンがスマートフォンの画面上に移るだけだ。ほとんどのコーヒーメーカーは、すでにタイマーで動かせるようになっている。ただ、ユーザーは就寝前にコーヒーの粉をコーヒーメーカーに入れておく必要がある。いくらスマート家電でも、それはできないので。いずれにせよ、タイマー予約ができるコーヒーメーカーで最大の問題は、前の晩にセットしておいたコーヒーが、抽出する時間までに新鮮ではなくなるということだ。アプリでそれを直すことはできない。

Q: 編集部では、ハンドドリップ用の器具をテストするためにコーヒーを100杯以上飲み、冷水抽出用の器具のテストでは300杯飲んだ。みんな眠れたのか。

A: ワインのテイスティングのように、少し口に含むだけだ。ただ、やはりワインのテイスティングのように、結局はかなりの量を飲んでしまう。あんなにおいしいと、飲まないわけにはいかない。

(執筆:Damon Darlin記者、翻訳:東方雅美)
© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。