ドリップが命!最高のコーヒーをいれるコツ

器具にもこだわりたい

自宅で美味しいコーヒーを入れるコツとは?(撮影:大澤 誠)
コーヒーブームの影響もあって、街にはコーヒースタンドや専門店が急増し、特別な豆や道具も気軽に買えるように。自宅で美味しいコーヒーを入れる技術を身につけるいいタイミングかもしれません。この記事では、旬のコーヒーを自宅で楽しむためのコツをご紹介します。

 

エスプレッソ系ショップの定着、日本からのバリスタチャンピオン輩出、コンビニコーヒーの進化など、コーヒー業界がめまぐるしく変化している。昨年来、サードウェーブと呼ばれるコーヒーブームも起きている。

話題のサードウェーブの定義は大きく3つ。1)生産国、生産地域、生産処理方法が明確で、2)ブレンドされていない豆(シングルオリジン)を使い、その個性を味わうべくローストは浅煎り。そして何より大切なのは、3)1杯ずつドリッパーでコーヒーを抽出するスタイルを基本とすることだ。

いずれにしても、鮮度の高い上質なコーヒー豆。そして、味わいを左右するドリッパーをどう選ぶかが重要になる。

正しいドリップ方法はこれだ!

ドリップといってもただ注ぐだけではNG。「旬の味を求めるなら蒸らし時間を含めて3分以内が基本です」と言うのは、飲料専門家の江沢貴弘さん。以下、江沢さんに正しいドリップのやり方を教えてもらった。

用意しておきたいもの
ドリッパー、サーバー、コーヒー豆、コーヒーミル、ドリップペーパー、スケール

 

ビギナーなら2杯分!

サードウェーブなら1杯当たり12~16g。ただ、2杯分入れたほうが味は安定する。

次ページまずは基本をおさらいしましょう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT