ドリップが命!最高のコーヒーをいれるコツ

器具にもこだわりたい

一方の台形型では、カリタが日本の喫茶店文化の象徴となっている。理由は同じ台形型のメリタと比べて抽出速度が速いこと。好みに応じた味の調整がしやすい利点がある。その点でサードウェーブ系の代名詞ハリオのV60と似ているが、コチラは抽出の難易度が高め。その分より自由な抽出が楽しめる。

ドリッパーにこだわろう!

HARIO ハリオ

サードウェーブ系の代名詞と呼ばれるドリッパー。抽出口は大きめで、リブが長くまたカーブしているため、ドリップ速度は早め。ただ、抽出法次第で濃い味わいも楽しむことができる。この自由度の高さが人気の理由だ!
(左)V60アルミシングルスタンドセット/1万円
(右)V60 ドリップケトル・ヴォーノ/4千円

Melitta メリタ

1908年創業以来、55年の歳月をかけて完成。「誰が淹れてもおいしいコーヒーが飲めるように」と考案された形で、特別なテクニックは不要。お湯を一気に注いでサーバーにコーヒーを満たしていくという抽出法もまた独特。最大の特徴は、ドリッパー底に空いた1つ穴だ。それゆえにドリップする速度は一定。また抽出穴は小さめで、一度に注ぎ切ったお湯はドリッパーの底に溜まってから排出されるため、コーヒーの抽出時間が長く、コクのあるコーヒーに仕上がる。

陶器フィルター SF-T 1×2/1100円

グラスポット カフェリーナ800/1400円

次ページまだまだある、ドリッパー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT