円安は、アベノミクス前から始まっていた ユーロ危機一服で円買い減少、そこに投機筋が仕掛けただけ

✎ 1〜 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 41 ✎ 最新
拡大
縮小

英国からのネット投資は、欧州全体からの投資より多い(フランスが1兆円程度、ルクセンブルクが2兆円強のマイナスであるため)。ルクセンブルクからのネット投資は経常的にマイナスだが、12年の初め頃から絶対額が増えている。

欧州からの資金流入が11年8月以降減少

短期債ネット投資は、欧州からも英国からも、11年9月以降は減少に転じた。これはユーロ危機が一服したことを反映している。欧州からのネット投資はその後停滞が続き、13年になって急減した。英国からのネット投資も13年から減少した。最近時点の欧州からのネット投資は、11年8月頃のピークに比べると、2兆~3兆円減少している。なお、欧州からの投資が減少に転じた後も、英国からの投資はほぼ一定値に留まっていることが注目される。

このように、欧州からの資金流入が11年下期から減ったことが、円高圧力が軽減した最大の要因と考えられる。

ここで、欧州からの資金流入の減少への転換(11年8月頃)は、短期債全体への流入減(12年9月以降)に比べて、かなり早い時点で発生していることに注意が必要だ。欧州からの資金の流れの変化が引き金となって、それ以外の地域からの資金の流れに変化が生じたのだろう。

次ページ12年夏以降、株式投資が激増
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT