円安は、アベノミクス前から始まっていた

ユーロ危機一服で円買い減少、そこに投機筋が仕掛けただけ

英国からのネット投資は、欧州全体からの投資より多い(フランスが1兆円程度、ルクセンブルクが2兆円強のマイナスであるため)。ルクセンブルクからのネット投資は経常的にマイナスだが、12年の初め頃から絶対額が増えている。

欧州からの資金流入が11年8月以降減少

短期債ネット投資は、欧州からも英国からも、11年9月以降は減少に転じた。これはユーロ危機が一服したことを反映している。欧州からのネット投資はその後停滞が続き、13年になって急減した。英国からのネット投資も13年から減少した。最近時点の欧州からのネット投資は、11年8月頃のピークに比べると、2兆~3兆円減少している。なお、欧州からの投資が減少に転じた後も、英国からの投資はほぼ一定値に留まっていることが注目される。

このように、欧州からの資金流入が11年下期から減ったことが、円高圧力が軽減した最大の要因と考えられる。

ここで、欧州からの資金流入の減少への転換(11年8月頃)は、短期債全体への流入減(12年9月以降)に比べて、かなり早い時点で発生していることに注意が必要だ。欧州からの資金の流れの変化が引き金となって、それ以外の地域からの資金の流れに変化が生じたのだろう。

次ページ12年夏以降、株式投資が激増
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。