日本経済は、スタグフレーションに突入へ

異次元金融緩和政策の空回りは続いている

日本銀行の異次元金融緩和は空回りを続けている。本連載の第35回でそう述べた。このように判断する根拠として示したのは、マネーストックが増えていないという事実だ。

このことは、最近になっても変わっていない。マネーストック残高の7月の季節調整済み前月比年率は、M2でもM3でも1%台にすぎない。6月には比較的高い伸びを示したが、7月は元に戻ったわけだ。

異次元金融緩和政策は、空回りしている(撮影:尾形 文繁)

対前年同月比で見ると、M2で3.7%、M3で3.0%だ。これらの値は、これまでよりは高めである。しかし、2009年後半や11年11月から12年1月にかけても、M2の対前年比は継続して3%を超えていた。この程度の伸び率では不十分とされて、異次元緩和政策が鳴り物入りで導入されたのだ。しかし、状態が目立って変化したとは言えない。

異次元緩和政策の導入からすでに4カ月が経過したが、このように、金融市場にその影響は及んでいない。つまり、金融緩和政策は機能していないということだ。

マネーストック残高が伸び悩んでいる反面で、マネタリーベース残高は、日銀による国債買い上げの結果、猛烈な勢いで増えている。5月以降の対前年同月比は、継続して30%台後半という高い値だ。5月の季節調整済み前月比年率は、実に137.7%に達した。つまり、マネーストック残高の伸び率は、マネタリーベース残高増加率の約30分の1から140分の1ということになる。

次ページ金融緩和政策は機能していない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT