日本経済は、スタグフレーションに突入へ

異次元金融緩和政策の空回りは続いている

日本銀行の異次元金融緩和は空回りを続けている。本連載の第35回でそう述べた。このように判断する根拠として示したのは、マネーストックが増えていないという事実だ。

このことは、最近になっても変わっていない。マネーストック残高の7月の季節調整済み前月比年率は、M2でもM3でも1%台にすぎない。6月には比較的高い伸びを示したが、7月は元に戻ったわけだ。

異次元金融緩和政策は、空回りしている(撮影:尾形 文繁)

対前年同月比で見ると、M2で3.7%、M3で3.0%だ。これらの値は、これまでよりは高めである。しかし、2009年後半や11年11月から12年1月にかけても、M2の対前年比は継続して3%を超えていた。この程度の伸び率では不十分とされて、異次元緩和政策が鳴り物入りで導入されたのだ。しかし、状態が目立って変化したとは言えない。

異次元緩和政策の導入からすでに4カ月が経過したが、このように、金融市場にその影響は及んでいない。つまり、金融緩和政策は機能していないということだ。

マネーストック残高が伸び悩んでいる反面で、マネタリーベース残高は、日銀による国債買い上げの結果、猛烈な勢いで増えている。5月以降の対前年同月比は、継続して30%台後半という高い値だ。5月の季節調整済み前月比年率は、実に137.7%に達した。つまり、マネーストック残高の伸び率は、マネタリーベース残高増加率の約30分の1から140分の1ということになる。

次ページ金融緩和政策は機能していない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT