日本経済は、スタグフレーションに突入へ

異次元金融緩和政策の空回りは続いている

残高の対前月増加額で見た状況は、下図のとおりだ。この図に示されているように、マネーストックの対前月増加額は、マネタリーベースの増加額に追いついていない。

残高増加額について、マネーストック(M3)のマネタリーベースに対する比率を見ると、1前後の場合が多い(7月は3.53という高い値になっているが、高い値は過去にもあった。10年の8~10月には2~3だった。なおM2とマネタリーベースの比は、かなり変動している)。今年の4月以降、その値は若干低下した。つまり、これまでと同じ傾向が続いているということだ。

この結果、マネタリーベースに対するマネーストックの比率は低下している。この比率は、量的緩和が終了する06年ごろまで、M2で6~7、M3で9~10程度だった。07年以降はM2で8、M3で11~12程度だった。10年に包括的金融緩和政策が導入されてから低下し、13年7月はM2で5.0、M3で6.8になった。これは異常な事態である。

次ページ金融機関のポートフォリオが劣化する
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT