驚異の技術を搭載!進化型「シャーペン」6選

手書きの楽しさを存分に味わえる

【POINT02】芯が尖り続けるからストレスフリー

Wスピードエンジンで、1画ごとに18度芯が回転。20画で1周します。回ることで芯の偏減りが防げ、芯先にきれいな円錐形ができます。常に細くて濃い一定の線を描きたい人におススメ。

【その5】滑らかな金属軸のハイコスパ高機能シャープ

オート ノノック 540円

スライドパイプが芯をガードします。最初のワンノックだけで、そのあとはノックなしで書き続けられる自動芯送り機構付きです。さらに540円ながら軸はアルミボディという、高機能・高コスパな逸品なのです。●芯径:0.5㎜●重さ:19g●カラバリ:全5色

【POINT01】ガイドパイプで折れにくい

最初のノックでガイドパイプと芯が飛び出します。その後、芯の減りに合わせてパイプが上下し芯をガード。

次ページ自動で芯を送り出す仕組み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング